1歳の絵本で何度も繰り返し読みたがる!数・しつけ・図鑑のおすすめ

物語の絵本は親も親しみやすいけれど、そうでない絵本はどう選んでいいか、迷うこともありますよね。

この記事では、我が家の息子が1歳の頃、実際に何度も繰り返し読みたがった絵本や図鑑を紹介していきます。

参考になれば嬉しいです。

1歳でも楽しめる!絵本で親しむ、数・形・しつけ

簡単で、楽しく読めるものがおすすめ。

1歳ですから、わかる、覚える、上手にできる…などの効果は期待せず、楽しんで読んでいきましょう。

数の絵本

かぞえてみよう
ディック・ブルーナ/福音館書店

リサとガスパールのはじめてえほん かず
ブロンズ新社

絵がかわいらしくて楽しく数字に親しめ、指さしながら数えて遊ぶこともできるおすすめの本です。

数えるところまでいかなくても、絵に描かれている物を見て話ができますよ。

「かぞえてみよう」は数える物の形にも数ごとに特徴があり、形について話すこともできます。

おすすめ数字の絵本、1歳にはどれがいいの?

形の絵本

リサとガスパールのはじめてえほん かたち
ブロンズ新社

さよならさんかく
わかやまけん/こぐま社

まる、さんかく、しかくなどを指先でなぞりながらお話してあげられますよ。

「さよならさんかく」は色についても形と同じくらい触れられています。

「こぐまちゃんのほっとけーき」のこぐまちゃんとしろくまちゃんが出てくるので、こぐまちゃんシリーズが好きなお子さんにぜひ。

しつけの絵本

文が少なく、パターン化された構成のものがとくにおすすめ。

きっと楽しんで読んでくれますよ!

どうすればいいのかな?

渡辺茂男・大友康夫/福音館書店

くまさんが服を着るときに毎回間違えて、毎回上手に直すお話。

服の着方を楽しく考えられる本です。

上手にできた場面を喜んで聞いてくれますよ。

失敗するところも共感するのか、息子はとても好きです。

ノンタンはみがきはーみー

キヨノサチコ/偕成社

ノンタンや動物たちが楽しく歯磨きをするお話。

読み慣れてからは、「ノンタンみたいに磨こう」と励ますのに役立ってくれています。

1歳向けの歯磨き絵本は、以下の記事でも紹介しています。
てこずる歯磨きの助けになるかも…!?
歯磨き絵本のおすすめ1歳向け!楽しくスムーズにできる!?3選

ノンタンシリーズのおすすめはこちらです。
ノンタンの絵本の魅力とは!シリーズのおすすめ作品もご紹介!

ごめんやさい

わたなべあや/ひかりのくに

間違えたとき、悪いことをしてしまったときに野菜たちが正直に謝るお話です。

失敗を隠そうとするリアルな場面もありますよ。

かわいい絵で、子供の心にはスッと入るようです。

実践できるかどうかは別の問題ですが(笑)

1歳でも楽しめる!初めての図鑑

1歳後半になれば、人によっては図鑑も楽しめるのでは。

うちの子は1歳の終わりごろから、簡単なものをおもしろがるようになりました。

意外といいのが、マクドナルドのハッピーセットのおまけ。
ページ数も少なめで、読みやすいですよ!

1歳では詳しい説明やクイズコーナーなどは読んでも理解できませんが、載っている写真には興味津々です。

ダイソーの子供向け図鑑もおすすめです!

ダイソーの子供向け図鑑

絵で描かれているので、子供にとっては親しみがあるようですし、ページ数のわりにたくさんの種類が載っていて好きなものを探す楽しみもあります。

まとめ

  • 数や形に親しむ絵本は、簡単で、親子で指さして遊べるようなものがおすすめ。
  • しつけ絵本は、文が少なく、パターンを繰り返すものがおすすめ。
  • 図鑑は、ページ数が少なくて簡単なものがおすすめ。

1歳で何度も読んだおすすめの数、形、しつけの絵本と図鑑について、以上のようにお伝えしてきました。

ポイントはわかったけど、実際に内容を見て選ぶのは大変…という場合は図書館の赤ちゃんコーナーに行ってみるといいかもしれません。

年齢に合った絵本がまとめられているので選びやすく、野菜や動物、乗り物が淡々と並べられた
図鑑ふうの絵本も見つかりますよ。

数年後に効果が出ることを期待しつつ、親子で楽しく読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました