3歳児が絵本を自分で読みたがる!そんなときにおすすめは?

3歳くらいになると、徐々にひらがなも読めるようになってきますよね。

3歳でひらがなほとんど読める!という子もいれば、全く読めない子もいて個人差はありますが、徐々に興味は示し始めるころではないでしょうか。

ひらがなが少しずつわかるようになると、自分で何でも読みたがったりします。

わが子もひらがなへの興味が強かったので、少しずつひらがなを読んで自分で絵本を読もうとしたりしていました!

自分で絵本を読めるようになると、楽しみも広がりますし、何よりもひらがなをより覚えられるというメリットがあります。

では、3歳になって自分で絵本を読みたがるようになったとき、どういった絵本を選んであげればいいのでしょうか

スポンサーリンク

3歳で絵本を自分で読むことのメリットは?

その前にまず、自分で絵本を読むことに対するメリットを考えてみましょう。

今までは、ママやパパ、先生などに絵本を読んでもらうことがほとんどです。

絵本も好きな子とそうでない子がいますよね。

好きな子は、家にいるときにずーっと絵本を読んでいるなんて子もいるほどです。

今まで絵本を読んでほしい時は、「読んで〜」とお願いされましたよね。

もちろん読んであげたいんですが、家事で手が離せないときは「ちょっと待って〜」ということになっていたと思います。

私もこんなことがしょっちゅうでした…。

忙しい時は、自分で読んでくれたら楽だな〜と感じたりもしていました。

3歳になってある程度ひらがなが読めるようになると、自分で絵本を読めるようになります。

それも、今まで何度も読み聞かせてもらったものならなおさら覚えているので、ひらがなも読みやすくなります

子供も読みたいときに絵本を読むことができる、ママも忙しい時は助かる、そしてひらがなの勉強になる、まさにメリットだらけなんです。

自分で読みたがる3歳の子におすすめの絵本は?

では、どういった絵本がおすすめなのでしょうか。

だるまさんが

私がおすすめする本は、「だるまさんが」です。


(Amazon.co.jp)

え?赤ちゃんの絵本?と思うかもしれませんが、ひらがなが少しずつ読めるようになってきた時期には最適なんです!

だるまさんシリーズは、ほとんどの赤ちゃんが見たことがあると思います。

それだけ有名な絵本ですし、図書館や児童館にも必ずといっていいほどおいてありますよね。

話がとてもおもしろく、覚えやすいので大人気の絵本です。

この絵本、まず文字数が少ないのでひらがなの覚えたてにはとてもおすすめです。

負担なく、読んでいくことができると思います。

さらに、ストーリーが覚えやすいので、ひらがながあまり読めなくても自分で読みたがる子にも、おすすめです。

なんとなく記憶ですらすら読んでいけますよ!

CHECK!だるまさんが[Amazon.co.jp]

くうぴいシリーズ

だんだん3歳も後半になってくると、『だるまさんが』では物足りなくなってくるかもしれません。

そんなときわが子が好きだった本は、「くうぴいシリーズ」の本です。

ミキハウスから出ているもので、まず子供でも手に持ちやすいサイズの本なんです。

ある程度ひらがなも多くなってくるので読みごたえがあります。

さらにかわいいイラストなので、小さいころからくうぴいシリーズは大好きでした。

ひらがなが結構読めるようになると、ちょうどいい文字の量だと思うのでおすすめですよ!

CHECK!くうぴいシリーズ[Amazon.co.jp]

まとめ

3歳は文字がだんだん読めるようになり、世界が広がる時期ですね。

そしてなんでもやりたがる時期でもありますので、今まで読んでもらっていた本も自分で読みたい!と言い出すと思います。

そんなときはまず赤ちゃんの頃に読んでいた本から始めて、徐々に文字の多い本を増やしていくといいでしょう。

よって絵本は赤ちゃんの頃のものでも、長く使えるということなんです!

【オススメ記事】

タイトルとURLをコピーしました