赤ちゃんが絵本をめくるのはいつから?初めてのお気に入りは!

赤ちゃんが絵本をめくる

絵本を自分でめくって集中する赤ちゃんの姿ってとってもかわいいですよね!

我が子も今や絵本大好きで、ひとりでもくもくと読書(絵本を開いて眺めてる)をするようになりましたが、いつ頃からそんな様子が見られたかな〜と。

赤ちゃんが絵本をめくるのはいつからなのか…。うちの子が初めて自分でページをめくったのは生後6ヶ月過ぎごろでした。

絵本との出会い、そして初めて自分でめくったお気に入り、これまでの関わりはどんな感じだったのか、振り返ってみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

赤ちゃんの絵本は何ヶ月から?絵本との出会い

赤ちゃんの絵本

娘が生まれてまもなく、何人かの方からお祝いで数冊の絵本をいただきました。

ですが、生まれてまもなくは自分自身にも余裕がないですし、本人もまだまだわからないもので、完全に絵本はいただいたままノータッチ状態になっておりました…。

生後3ヶ月ほど経ったある日、買い物のついでに自宅近くの本屋さんに寄ったとき、ふと絵本売り場をのぞき一冊の絵本を手に取りました。

タイトルは『どうぞのいす』。



表紙のうさぎさんがかわいくて手に取った絵本を、それから毎日…とはいきませんが、思い出したときに娘に読み聞かせるようになりました。

幼い頃から私自身も本が大好きな子供だったので、娘にも本の好きな子になってもらいたいと、始めた読み聞かせでしたが、思えば娘と絵本の出会いはそこだったのかなぁと思います。

【関連記事】≫どうぞのいすの絵本の内容は?あらすじ・年齢・伝えたいことまとめ

赤ちゃんが絵本を自分でめくる!初めてのお気に入り

生後5〜6ヶ月頃になるとお座りも安定し、おもちゃ等を手にとって遊ぶようになってきたので布絵本を与えてみました。

ですが、娘にとっては布絵本は他のぬいぐるみ等のおもちゃと変わらないらしく、引っ張ってみたり、振り回してみたり…ちょっとイメージと違うなぁと思ってました。

そんな頃、テレビで紹介されてて出会ったのが『もいもい』でした。

黒地にカラフルな渦巻きのようなキャラクターもいもい…大人が見るとなんともいえないキャラクターですが、ページをめくってみるとカラフルでかわいいイラストといろいろな「もいもい」。



読み聞かせたり、イラストを見せているうちに、娘もだんだん興味を持ってくれたのか、生後6ヶ月を過ぎたある日、お友達のおうちに『もいもい』を持参して遊んでいたときのこと…

「ビリビリ…」

初めてページをめくった瞬間でした。勢い余って破いてしまいましたが、その破けたあとも今ではいい思い出になっています。

その頃は自分で力ずくでめくりたがるので、ページが固いタイプの絵本しか与えられませんでした…。

まとめ

娘は、生後3ヶ月頃、耳から絵本に親しみ、生後6ヶ月頃から徐々に自分でページをめくるようになりました

それ以降、仕掛け絵本や、音の出る絵本、シール絵本など…いろいろな絵本を手に取ってきた娘ですが、1歳4ヶ月になった今でも初めてページをめくった『もいもい』は大好きで、自分で開いて眺めたり、パパやおばあちゃん、いろんな人のところに持っていっては読んでもらっています。

これからも、絵本をはじめ、いろいろな本に出会っていってほしいと思っています。

【関連記事】≫寝かしつけの絵本はいつから?寝る前の読み聞かせが必須になるまで

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする