小学校でママ友ゼロでも大丈夫!ママ友付き合いやめた体験談

小学校のママ友。私にはいません。

たしかに作るチャンスはありました。主婦で時間もあり余る中で、幼稚園のお母さん同士でグループLINEをつくり入っていた時期もあります。

飲み会やらピクニックやらにも出かけたり。でもどこかでつまらないなと思っていた自分がいました。かなり嫌々でした。

結局母親同士のコミニュティなんて、どこかしら対抗意識が存在している気がします。そんな意地の張り合いに辟易しているお母さんは私だけではないはずです。

ママ友はいらない!小学校でママ友ゼロを選んだ私の体験談をお伝えします。

スポンサーリンク

小学校でママ友ゼロを選んだ理由

ママ友とは何でしょうか?同じ育児を共有するお母さん友達ですよね。

子ども同士を遊ばせながらお茶やランチをして育児の話をする。幼稚園、保育園、小学校のうわさ話。

私の高校時代の友達で今は専業主婦をしている友達から聞いた印象と、私が専業主婦で子どもを幼稚園にいかせていた時の付き合いの体験から、だいたいこの様な事かなと推察します。

ママ達は家にいて社会と接する機会がないから、思い描くと自己実現も叶わなかったりする。

だから夫の仕事や収入子どもの習い事、自分が通うお稽古ごとの話、好きなブランドの服。そういった 自分が手にしたステータスで見栄を張り合う、言い過ぎでしょうか。

もちろんそういった話が好きで心底楽しんでいるお母さんもいるので否定はしませんが。あくまで私の話です。

自分はこれだけの物を手にしている、幸せだ、そのような自慢が会話の端々から透けて見えてしまい、本当の意味での打ち明け話ができなかったのです。

いつしか輪から抜け出した。そのおかげで学校説明会でも保護者会でも、お母さん同士顔見知りでわいわいしている中で私は常にポツンでした。

ママ友付き合いをやめた

ママ友と付き合わなきゃ子どもが仲間はずれにされやしないか、やはり近所に友達がいないと寂しい。

そんな理由で1人になることを恐れていたりもしましたが、仲良くなるチャンスを自ら捨てたということは結局ママ友なんていらないんだなと。色々考えた結果、私はさとり1人になる道を選んだわけです。

友達とはストレスを溜めるために付き合う存在でしょうか。やはり悩みを分かち合い、楽しいことは2倍楽しく、間違えたときは本気で怒ってくれる。悲しいときは一緒に悲しんでくれる。

そんな人がたとえ遠くに住んでいようとも相手が結婚していようがいまいが、子どもがいようがいまいが1人いてくれさえすれば、身近にあるコミニュティにあえて身を置く必要はないと思います。

小学校でママ友はいらない

付き合いが悪いとか何とかでハブられる事があっても、私と同じ悩みを抱えるお母さんには決して負けないでほしい。1人になることは怖いことではありません。

学校行事で話す相手がいなくてもいいではないですか。恥ずかしいことは何ひとつありません。

むしろ何にも流されない強い自分の背中を子どもに示すことができます。

孤独ではありません。自分が自分らしくいられる場所を保持するということです。

小学校のママ友との付き合いで、もしも悩んだり苦しんでいるお母さんがいたら、私は背中を押してあげたい。

あなたは一人ではない。目先のつまらない事で悩む事に時間を費やすより1分でも多く子どもに笑顔を向けてあげましょう。

【オススメ記事】≫ランドセルの置き場所を玄関にするには?収納アイディアを紹介

タイトルとURLをコピーしました