10ヶ月の赤ちゃんの夏のパジャマは?娘に着せて良かったものを紹介

現在1歳7ヶ月の娘を子育てしています。昨年の酷暑、夜もなかなかの熱帯夜の中、娘が着ていたパジャマをご紹介します。

夏パジャマを着る前は、新生児期からのロンパースと肌着を着ていた娘。おなかが出ちゃう心配はないものの、さすがに暑いだろうということで、夏物のパジャマと肌着を購入しました。

10ヶ月の赤ちゃんの夏のパジャマ選びの参考になればと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃん最強の味方、ユニクロの夏パジャマ

娘のUNIQLOデビューはこのタイミング、メッシュのノースリーブ肌着と夏物パジャマです。

ユニクロ 赤ちゃんのパジャマ

ここから、夏、秋、冬のフリースまで…ユニクロさんには大変お世話になっています。

ユニクロのパジャマは、左右腰のところにズボンとTシャツをくっつけるボタンがついていて、いちいちはめるのはめんどくさいのですが、おかげで、とんでもない寝相をしても、起きているときにいっぱい動いても、おなかが出ちゃうことはありません

一度、つかまり立ちが大好きだったころに、朝起きておむつを替えたあとお洋服にお着換えまでの間、ボタンをはめずにいたら、自慢げにつかまり立ちをした娘のズボンがストンと落ちていることがありました。

ユニクロ 赤ちゃんのパジャマ

自分で立ち上がる時に踏んでしまったようです。こういうことがないように、しっかりボタンがついているんだなと思ったエピソードです。

また、UNIQLOのパジャマはお値段も優しいところが魅力です。自宅用と実家に帰省用、汗をかいたときや汚れた時のためのお着換え用…と、消耗品と考えて多めに購入できます。

我が家は夏のユニクロのパジャマだけで3着購入しました。

さすがの機能性、アカチャンホンポのパジャマ

UNIQLOのパジャマ以外にアカチャンホンポでも一着パジャマを購入しました。

「さすがアカチャンホンポの機能性はすごいな」と思ったのがそのパジャマの形です。

上のTシャツが股のところにボタンがついていて、半そでの足なしのロンパースになっていました!そのロンパースの上にズボンをはきます。

アカチャンホンポ パジャマ

見た目はTシャツとズボンの組み合わせのパジャマと変わりありません。こちらは、寝てい間に万が一ズボンが脱げてしまっても、お腹はしっかり守られます。

もう少し大きいサイズでユニクロのパジャマと同じサイドにボタンのついているタイプもありましたが、アカチャンホンポのパジャマはズボンのおなかのところが腹巻状になっていたと思います。

私は、娘がまだまだ小さいサイズで大丈夫そうだったし、ロンパース風のパジャマがおもしろかったので、そちらを購入しました。

10ヶ月の赤ちゃんの夏パジャマ サイズは80cmを購入

ユニクロもアカチャンホンポも80サイズを選びました。

8〜9ヶ月頃にお店に見に行って購入し、夏の終わりまでしっかり着ることができましたし、なんとか今年も着てもらえそうです。

当時の娘の身長は覚えていないのですが、ちょうどよく着れていました。

後からわかったことなのですが、私は両方とも長ズボンのパジャマを買ったつもりでいました。ですが、秋物のパジャマをユニクロに探しに行ったときに衝撃の事実が…。

秋物のパジャマのズボンは、夏物よりも遥かに長かったのです。わが子が短足なのか、大き目で着ていたということなのかは定かではありませんが、今年はきっと半ズボンで着れるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?昨年夏前のパジャマ選びのお話です。

生後10ヶ月頃ともなると、ちゃんと上下セパレートのパジャマを選べるので、幅が広がりますよね。

去年はユニクロとアカチャンホンポで選びましたが、今年は西松屋や他のお店にも探しに行ってみようと思います。また違った形や素材のパジャマを見つけられそうです。

暑い熱帯夜でも赤ちゃんが快適に、寝冷えせずにぐっすり眠れるパジャマを選んであげたいと思います。

この記事を読んでくださっているあなたもいろいろなお店をのぞいて、お子さんに合うパジャマを選んであげてください。

【関連記事】≫赤ちゃんは夏に着替えがたくさん必要!着替えの回数と暑さ対策は?

タイトルとURLをコピーしました