音の出るおもちゃ、1歳向けを手作りしよう!簡単・すぐできる作り方

赤ちゃんはおもちゃが大好きですよね。
もちろん買いに行こうと思えばいろんなおもちゃが売っていますが、自分でも作ってみたいなと考えている方も多いのではないでしょうか。

全てのおもちゃを買っていたら金銭的にも大変ですし、自分で作ってあげたほうが愛情のこもったおもちゃをプレゼントできそうですよね!

そこで、1歳児向けに簡単に作ることができる、音の出るおもちゃの作り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

家にあるものですぐに作れる!ふりふりおもちゃ!

赤ちゃんは毎日いろんなおもちゃで遊びますよね。
しかしずっとおもちゃばかりだと飽きてしまっていて、あんまり遊んでくれなくなることがあります。

新しいおもちゃを買ってあげたいけれど、家で作ることはできないかな?という方、ぜひ手作りおもちゃを作ってみましょう!

私も子どもが小さいころは、いろいろ作ってみました。
意外と売っているものよりも遊んでくれたりするので、こちらも作り甲斐がありましたよ!

まずご紹介するのが、ふりふりおもちゃです。

市販の飲むヨーグルトが入っている入れ物を入手します。
自分で買って飲んで、洗って使うのもいいですし、今はフリマアプリでも大量に売られていますよ!

そして100円均一に売られているビーズも入手します。

まず容器にビーズを好きな量入れて、水を一杯まで入れふたを閉めます。
これだけでももう完成なのですが、私はアレンジしていました。

この容器を二つ用意して、それぞれ違うビーズを入れます。
水を入れてふたをしめて、ふた同士をくっつけてビニールテープなどでぐるぐる巻きにします。

そうすると細長いふりふりおもちゃの完成です!

違うビーズが入っているので振ったときの音や見た目が変わってきます。
さらに細長いので、縦にしたり横にすることによって見える形も変わってきますよね。

1歳児にはとても喜ばれるおもちゃの一つです。

また水ではなくせんたくのりを入れてもいいかもしれません。
そうするとビーズが動く速度がゆっくりになって、おもしろいですよ!

水を入れないとシャカシャカ鳴るおもちゃにもなります。
マラカスみたいでとってもおもしろいですね!

入れるのが大好き!ポットン落とし!

1歳をすぎると手先も器用になっていろんなことができますよね。

そこでポットンと落として遊べるおもちゃをご紹介します。

まずミルク缶を用意します。そしてペットボトルの蓋を2つで1組にしてテープで貼り付けます。

ミルク缶の蓋の部分に、このペットボトルの蓋が入るくらいの穴を開けます。
カッターで簡単に開けられますよ!

これで完成ですが、装飾をするともっとかわいいですよ!
私はミルク缶に顔を描いて、穴のところが口になるようにしていました。

さらにペットボトルの蓋もいろんな色のビニールテープで色をつけたり、何かを貼り付けてもいいですね。

これでお子さんにポットン落としをさせてあげてください。
きっと楽しくてずーっと繰り返し遊んでくれるはずです。

さらにここにビー玉やおはじき、乾燥したマカロニを入れてみてください。
口の部分にふたをすると、しゃかしゃか鳴るおもちゃにも変身しますよ!
このとき、中に入れたものが出ないよう気を付けましょうね。

まとめ

意外と簡単に音の出るおもちゃを作ることができますよね。
私も工作は苦手ですが、意外と作れたので楽しかったです。

古くなればまた作ることができますし、飽きてしまっても解体もカンタンです。
意外と長く遊べるおもちゃですので、ぜひ手作りしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました