赤ちゃんの夏服はいつから?着せ方は?女の子・組み合わせ例も!

暑くなってきた近頃、赤ちゃんには夏服をいつから着せればいいでしょうか?経験談をお話ししますね。

私は現在1歳7ヶ月になる女の子を子育て中です。昨年初めての夏を乗り越えました。

近年の日本の夏は、私たち母親父親世代が子供の時よりも断然暑くなってますよね…。

小さな我が子が熱中症などにならないか心配だし、かといって薄着過ぎると、お店やレストランなどに入ったら急に冷房がきつくて寒い、なんてこともあります。

私も去年の赤ちゃんと過ごす初めての夏は、服装に試行錯誤しました。その経験をまとめます。

私は女の子のママなので、今回は女の子の服装を軸にお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏服を意識し始めたのは4月中旬ごろ

今年は比較的寒い日も多いような気がしますが、昨年は4月から急に暑くなり、焦って夏服を用意した記憶があります。

4月後半から5月にかけて、まず半そでのTシャツからデビューしました。

まだインナーは半そでの肌着、新生児から着ていたものでしたが、段々と袖が短くなるにつれて、ノースリーブのメッシュタイプのインナーに移行しました。

初夏はまだ涼しい日もあるので、カーディガンとパーカーは必ず一枚持っておくようにして、また、ベビーカーのひざ掛けも多めに持ち歩いておきました。

目安の気温は20℃以上、天気予報は必ずチェック!

半そでを着せる基準として、20℃以上の晴れの日を基準にしています。

だいたいの目安なので、その日の天候によっても違いますが、天気予報は必ずチェックして、服装を考えています。

個人的に私が夏服が好きなので、今年は3月後半の暖かい日にすでに夏服を全て洗濯し、洋服ダンスの中に用意しました。

なので娘は、暑そうな日は早々4月中から夏っぽい格好をしています。

赤ちゃんの夏服の着せ方・組み合わせ例

一個前の項目にも書いた通り、夏服は夏服でも、時期によって組み合わせを考えて着せています。

4月の暑い日から5月頃にかけては、上半身は半そでのTシャツやチュニック、その上にカーディガンやパーカーを重ねて調整しやすくします。

下半身は基本は10分〜7分のスパッツにして、足はあまり冷やさないようにしています。

赤ちゃんの夏服(カーディガン+半そで+スパッツ)

5月後半から6月も梅雨時だと意外に寒いので基本は4〜5月と変わらないのですが、ムシムシして暑かったりもするので半そでよりもそでが短めだったり、ゆるめなふわっとした袖のワンピースなどを着せていました。

赤ちゃんの夏服(チュニック+スパッツ)

7月8月の真夏はどんどん肌を出します。ショートパンツに短い袖やノースリーブのTシャツやワンピース、チュニックなど…。

赤ちゃんの夏服(半そで+ショートパンツ)

調節のためにお出かけのときはお着替え用の半そでのTシャツと薄手のカーディガンは常備していました。

ショートパンツは手軽だったので、薄手の素材を選んで手作りしたりもしました。手作りのときは、通気性をよくするためにダブルガーゼ生地を選んで作りました。

ダブルガーゼ地 手作りショートパンツ

ただでさえ赤ちゃんのおしりはおむつで暑いと思うので、真夏だけはおしりを軽くさせてあげたいなと思っていました。

上のどの組み合わせも下着は、メッシュのノースリーブ肌着を基本必ず着せていました

自分の感覚なのですが、直接洋服を着るよりも、間に一枚下着、肌着があってくれたほうが汗を吸ってくれるし、過ごしやすい気がするので、娘にもそうしています。

まとめ

赤ちゃんの夏に向けた服装についてお話させていただきました。

赤ちゃんそれぞれ、暑がりな子、寒がりな子、汗をよくかく子、あまりかかない子、いると思います。

わが子は暑がりだけどあまり汗はかかない子です。私のお友達の男の子のママさんは、汗っかきなので、着替えを3枚は持っていないと真夏は乗り切れない、と言っていました。

ご自身の子供にあわせて、様子を見ながら服装を調節してあげてくださいね。

夏の暑い中でもママと赤ちゃん一緒におしゃれを楽しめたらすてきだなと思います。

【関連記事】≫10ヶ月の赤ちゃんの夏のパジャマは?娘に着せて良かったものを紹介

タイトルとURLをコピーしました