年子育児っていつから楽になるの…?大変な時期を楽にするコツとは!

年子の育児をしていると、毎日が大変すぎて疲れが溜まってしまっている方も多いのではないでしょうか。

私の周りでも年子を育てている方がよくいますが、本当にすごいなと思えるほどです。
しかし大変な時期を超えたら楽になったという声もよく耳にします。

そこで、年子育児はいつから楽になるのか調べてみました!
さらに大変な時期を少しでも楽にするコツについても紹介していきます。

スポンサーリンク

年子育児はいつまで大変?いつから楽になる?

まず、なぜ年子育児が大変なのかを考えてみました。

やはり、「月齢が近いので手のかかる時期が重なる」これが一番の理由ですよね。
手のかかる時期は、子供が一人でも本当に大変です。
それが二人となると、倍くらい大変になるのではないでしょうか。

そんな年子育児はいつから楽になるのでしょうか。
これには2通りの考え方があることが分かりました。

下の子が生後半年を過ぎたころ

まず一つ目が、下の子が生後半年を過ぎたら楽になる、というものです。

生後半年を過ぎたら、少しずつ夜も寝るようになってきたり、何より首がすわっておんぶができるというのが楽になるポイントですよね!

おんぶができると泣いていてもおんぶをすればおさまることが多いですし、移動も楽になりますよね。

上の子3歳・下の子2歳

二つ目が、下の子が2歳を過ぎたら楽になるというものです。

下の子が2歳ということは、上の子は3歳です。
3歳になると結構育児も楽になったなと感じますよね。私も子供が3歳を過ぎたらかなり楽になったのを覚えています。

下の子の2歳は、イヤイヤ期で大変な時期かもしれませんが、一度経験しているのでママもどーんと構えられるのではないでしょうか。

それよりも、上の子が少しずつ手がかからなくなるというのが、楽になったなと感じる時期なのかもしれませんね。

今が大変!年子育児が少しでも楽になるコツってあるの?

とはいいつつ子供にも個性があったり性格もあるので、いつ楽になるかというのはそれぞれなのかもしれません。

今が本当に大変だというママ、少しでも楽にするコツをご紹介します。

上の子優先でケアする

一つ目は、上の子から対応するということです。
これは年子だけではなく、2人3人育児でもよく言われていることですね。

やはり上の子のケアをしっかりしていると、下の子への対応が変わったり落ち着いて過ごせるというのを耳にします。

上の子のほうが心も発達しているので、やはり敏感になってしまいます。
そこをうまくケアしてあげると、下の子にも優しくなるのかもしれませんね。

無理をしない・一人で抱え込まないで!

二つ目が、無理をしないということです。
年子育児の大変なところは、外出があります。同じようにどこかに走りだしてしまうと、ママ一人で追いかけるのは難しいですよね。

そこで無理に外出したり、スケジュールを組み込まず、大変なときはゆったり過ごすのもいいと思います。

家でもお風呂や食事を二人にさせるとなると、ママもぐったりですよね。
時間に縛られず、少しくらい寝るのが遅くなってもいいや!くらいにゆったりと過ごすことをおすすめします。

最後に、一人で抱え込まないことです。
一人を育てるだけでも大変なのですから、年子の場合はパパや祖父母、一時保育などをうまく利用して周りに頼ってしまいましょう!

年子を私一人で完璧に子育てしてみせる!というのはかなり大変だと思います。
そう意気込まず、周りに頼りつつ過ごしていればいつか楽になると感じる時が来るはずです!

まとめ

年子育児、大変な時期が重なるので疲労も溜まってしまうでしょう。

しかし大変な時期を過ぎてしまえばあっという間です。
そこからは二人同時に巣立っていく寂しさを感じる余裕も出てくるかもしれません。

ぜひ今しかない年子育児の大変さを、噛みしめて過ごしてほしいと思います!

タイトルとURLをコピーしました