年賀状で結婚お祝いの文例!おめでとうメッセージの書き方をご紹介

親戚や友人、会社の上司や同僚など、結婚をした方にはぜひお祝いを伝えたいですよね。
そのお祝いを年賀状を通じて伝えることもあると思います。

そんなときにお祝いのメッセージを伝えるとしても、送る相手によって書き方や伝え方は変わってくると思います。

そして年賀状にはさまざまなマナーがあるので、マナーを守ってお祝いを書きたいですよね。

そこで年賀状で結婚のお祝いを伝える時、使える文例をご紹介していきます。

スポンサーリンク

年賀状で結婚祝いの文例・友達や同僚の場合は?

友人や同僚は、フランクな間柄ですので堅苦しくないお祝いの言葉を伝えていきたいですよね。

そんなときに使える文例をご紹介していきます。

  • ご結婚おめでとう!末永くお幸せに!
  • 結婚おめでとう!幸せな家庭を築いてね
  • 結婚おめでとう!今度新居に遊びに行かせてね!
  • ご結婚おめでとう!結婚式楽しみにしています!
  • この度は結婚おめでとうございます!今度また飲みに行こうね!
  • 〇〇くん、〇〇ちゃん、結婚おめでとう!お幸せに!

こんな感じで普段話しているようにフランクにお祝いのメッセージを書き添えるといいと思います。

特に気を使う必要はありません。
素直に心に思った結婚のお祝いメッセージを書いてみましょう。

年賀状で結婚祝い、先輩や上司へのメッセージは?

会社の上司や先輩にも年賀状を出すことはありますよね。
そこで結婚をした上司や先輩にお祝いのメッセージを書くこともあると思います。

友人や同僚のようにフランクに書くわけにはいきませんし、なんとなく気を使いますよね。
そんなときはどう書けばいいのでしょうか。

  • ご結婚おめでとうございます。お二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします。
  • ご結婚誠におめでとうございます。お二人で幸せな家庭を築いてください。
  • 御結婚おめでとうございます。笑顔溢れる素敵な家庭を築いてください。
  • 御結婚おめでとうございます。お二人の門出を心からお喜び申し上げます。

このように、敬語できちんとお祝いを伝えるようにしましょう。

結婚式に出席できなかったとき、年賀状でお祝いは?

結婚式に招待されたけれど、やむを得ず出席できないこともあると思います。
そんなときは年賀状でも謝罪をするようにするととても丁寧ですね。

  • 御結婚おめでとうございます。蹴婚式に出席できず申し訳ありません。お二人の挙式が素晴らしいものになるようにお祈りしております。
  • ご結婚おめでとうございます。お二人の晴れ舞台に出席できず本当に残念です。素晴らしい日になるよう願っております。

このように、行けなくて残念であること、そして結婚式が素晴らしいものになることを祈っていることを伝えるといいですね。

友人や同僚に書く場合は、もう少し崩した感じで書くとよいでしょう。

さらに結婚式後に送るメッセージの文例もご紹介します。

出席した場合は、

ご結婚おめでとうございます!素敵な結婚式でたくさん幸せをおすそ分けしてもらいました。素敵なご夫婦になってください。

欠席した場合は

ご結婚おめでとうございます。結婚式に参列できず申し訳ありません。写真でお二人の幸せなお姿を拝見しました。これからも末永い幸せをお祈りしております。

こんな感じで結婚式のことをメッセージに加えるといいですね。

まとめ

年賀状に結婚について書くことはよくあります。
しかし書く相手によって書き方が変わってきますし、結婚式に参列したかどうかでも文面が変わってきます。

ぜひご紹介した文例を参考に、年賀状を書いてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました