冬生まれの赤ちゃんの夏服、ロンパースのみでOK?パジャマは?


赤ちゃんが冬生まれだと生まれる前に寒さ対策をしっかりしても、あっという間に夏になってしまいます。

何が必要かわからなくて慌てたり、暑さが心配で気をもんだりしてしまいますよね。

我が家の息子も冬生まれ。

初めての夏を振り返り、実際にどう過ごしたかをお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏服はロンパースのみでもいいの?

うちの息子は、ロンパースのみでも暑そうにしていました。

自宅や支援センターなど、リラックスして過ごせる場所では日中は基本的にロンパースのみで過ごしました

その範囲では、問題を感じたことはありませんでしたし、ロンパースのみで良かったと感じています。

ですが、屋外ではもっと暑さ対策をした方がよかったかもしれません。

外出時には日差しを遮る工夫を

ロンパースのみだと肌の露出が多いので、外に出ると直射日光に当たってしまいますよね。

また、最近の日本の気候では、真夏に外で肌着のみではかえって暑いこともあると思います。

そのため、赤ちゃんには長袖を着せたほうが良いという説もありますが、暑くないかが心配で私はできませんでした。

基本的にロンパース派の私がしていたことは、こんな工夫です。

  • ベビーカーは幌の大きいものにする
  • 影にできないところには、タオルなどの布を追加して少しでも日陰を増やす
  • 日差しが強すぎる日はズボンをはかせる

肌の露出が多い服を着せている分、日差しをできるだけ遮るようにしていました。

日差しを遮りきれなければ、日焼け止めの使用も検討して

では、日差しを遮れば、直射日光の影響を避けられるのか?

うちの息子の場合は、日よけはしていても1歳の誕生日までには脚にほくろができてしまいました。

日よけの設置だけでは不十分だったかもしれない、日焼け止めをちゃんと塗ってあげればよかったな…ということが少し心残りですね。

外出時はあわただしくて日焼け止めまで手が回らず、「もっと大きくなってから一緒に塗ればいいや」と考えていたんですが、

2歳の現在では、息子の日焼け止めどころか自分の日焼け止めを塗る暇もない状態なので、ベビーカーに乗せておける赤ちゃんの時期だけでもやっておいてあげたらよかったなあ…と感じています。

接触冷感やメッシュなど、涼しい素材のレッグウォーマー(カバー?)を見つけられていたら使えばよかったなあ…とも思いますが、当時の私には見つけられなかったんですよね。

「寒そう」と言われることもある。心の準備をして、自分なりの対応を

ロンパースのみで外を歩いているとよその人からは「寒そう」と言われることも多かったです。

真夏なんですが…。

身内でも、義母は「寒そうじゃない、何か着せて」ととても心配して、「暑いんですよ」と話しても聞いてもらえなかったので義母がいるときは屋内でもズボンをはかせていました。

今にして思うと、この点はもっと私が頑張ればよかったかもしれません。

ロンパースのみでも汗をかいて、暑そうにしていたわけですから。

赤ちゃんの腹巻付きパジャマは夏でも必要?

腹巻付きパジャマは私の経験から言うと、夏こそ必要でした!

冬生まれの赤ちゃんたちも、夏になるころには5か月〜8か月くらい。

そのころになると寝返りをする子も多くなり、これまで以上に布団がはがれやすくなります

寝冷え対策は、布団には頼りにくくなってくる頃なんです。

寝返りではがれたり、ぐるぐる巻きになったり…布団が使いづらい

うちの子も、格闘技で投げられたような音を立てて頻繁に寝返りし、そのたびに布団がはがれたり逆にぐるぐる巻きになったりしていました。

比較的ぐるぐる巻きになることが多かったので、しばらく悩んだ後、布団をかけるのはほぼやめることにしました(笑)

ちょうどいいように布団をかけても結局ぐちゃぐちゃになってしまうし、

こちらも夜中で寝ぼけていると、ぐるぐる巻きのところにさらに布団をかけてミノムシのようになってしまうこともあったので、かけないほうが安全かもしれないと思ったのです。

スリーパーでは暑い。そこで腹巻付きパジャマ!

布団以外で寝冷え対策をすることにしましたが、夏ですからスリーパーでは暑い。

そこで腹巻付きパジャマが活躍しました。

着せておけば布団がはがれても安心でしたし、ぐるぐる巻きで暑そうなら明け方までは布団を取って寝かせることもありました。

息子の寝冷え対策にも役立ってくれましたが、「親が安心して、少しでも眠れる」ということにもっと役立ってくれたと思います。

腹巻付きパジャマが売り切れる前に、早めの購入を

腹巻付きパジャマは西松屋、赤ちゃん本舗などの子供用品店で購入できますが、早めに買っておいた方が安心ですよ。

暑くなり始めたころに「腹巻が要るかな」と通販サイトを見ると、既に売り切れで、店舗に行かなければならない場合もあります。

私は、通販でカートに入れてから購入ボタンを押すまでの間に売り切れて、在庫がある保証もないのに店舗まで子連れで行ってやっと購入したこともあります…。

また、赤ちゃんならパジャマと普段着の区別をはっきりつける必要はあまりないので、上下そろいの腹巻付きパジャマではなく、ズボンのみのものをロンパースなどに合わせるのもいいと思います。

ステテコなど涼しい素材のズボンに腹巻がついた形の、涼しそうだけど安心できるタイプのものもありますよ!

赤ちゃんの腹巻き付きパジャマ

私はそういうタイプのものを、赤ちゃん本舗と西松屋の両方で、全部で4枚購入しました。

腹巻付きパジャマ、活用してみてくださいね。

CHECK!楽天で腹巻き付きパジャマを見てみる

まとめ

冬生まれの赤ちゃんの夏服について、我が家の実体験をもとに以下のようにお伝えしてきました。

  • 夏服は、室内ではロンパースのみで十分。
  • 露出が多い分、直射日光が当たらないよう工夫して。日焼け止めを使用するのもよい。
  • ロンパースのみでは「寒そう」と言われることがある。心の準備をして対応を。
  • 腹巻付きパジャマがあると、布団やスリーパーより便利で安心。
  • 腹巻付きパジャマは売り切れやすい。早めの購入を。

寒い時期に生まれた赤ちゃんにとって、初めての夏は親も心配事が多いですよね。

赤ちゃんが少しでも快適に過ごせて、あなたの心配が減るように、夏向けの服やグッズを活用して初めての夏を乗り切ってくださいね!

おすすめ記事≫赤ちゃんは夏に着替えがたくさん必要!着替えの回数と暑さ対策は?

タイトルとURLをコピーしました