4歳の絵本でおもしろい・笑えるのは?理解して自分で読む?

4歳になると、そろそろ絵本の内容はしっかり理解できる年齢になってくるでしょうか。

しかし、「うちの子は絵本が嫌い」「読んであげても聞いてくれない」と思っているお母さん。

もしかしたらお子さんは、自分の興味のある絵本に出会えていないだけかもしれません。

ここでは、4歳の子にピッタリの絵本をご紹介いたします。

スポンサーリンク

4歳の絵本でおもしろいのは?

4歳だと、自分の身近にあるものをテーマにした絵本の方が興味を持ってくれるようです。

身近と言っても、子どもの興味がある物であれば恐竜でも海でも、大人にとっては一見壮大に見えて子どもにとっては身近なものに当てはまります。

そして、赤ちゃんの本とは違って、物語性があっても良いでしょう。

くれよんのくろくんシリーズ

例えば子供が大好きなクレヨン達のお話『くれよんのくろくん』シリーズ(なかやみわ作・絵)

こちらはシリーズ物なので、クレヨン達の色んな物語が楽しめます。

色が主役という事もあり、いろんな色が出てくるので、絵もカラフルで目をひきます。

おとうさんはウルトラマン

まだ物語性があると途中で飽きてしまうというお子さんには
『おとうさんはウルトラマン』(宮西達也 作・絵)もおすすめです。

1つの出来事を短文でまとめてあり、飽きてしまっても「今日はここまで」と区切りやすいです。

中には、クスリと笑ってしまうようなエピソードもあり、お父さんの日常をウルトラマンも同じように過ごしているという事がわかります。

我が家では、子どもはもちろん、夫も気に入ってる絵本です。

4歳が笑う絵本のおすすめ!えがないえほん

読み聞かせも良いけど、それよりも一緒に遊ぶための絵本が欲しい!子どもの笑顔が見れる絵本を知りたいという方におすすめなのが
『えがないえほん』(B・J・ノヴァク作 おおともたけし訳)という外国の絵本です。

タイトル通り、この本には絵がありません。

「うちの子はまだ字が読めない」という方も大丈夫。

確かに絵はありませんが、子どもは笑い転げること間違いなしです。どうしてかというと…それは読んでみてのお楽しみ。

読み聞かせる絵本とは少し違いますが、これで本が好きになるキッカケになる子もいるかもしれません。

親子のコミュニケーションを取れるという意味でも、おすすめです。

4歳児が絵本を自分で読むのにおすすめ!字が読めなくても大丈夫!

4歳になると字が読める子や絵本が好きな子は自分で読めるようにもなるかと思います。だけどそうでなくとも焦らなくても大丈夫。

絵本は字を読まなくても絵をみてストーリーが分かるというのが最大の良さだと思います。

我が家の4歳の息子もまだ字はほとんど読めませんが、絵を見て楽しんでいます。

もちろん、自発的に読まないからと無理強いさせる必要は全くありません。きっとまだ自分の好きな本に出会えていないだけだと思います。

字が読めないお子さんに一人で絵本を読ませたい時におすすめなのは『おさかなちゃん』シリーズです。

幼児向けの絵本ではありますが、持ちやすい大きさと、字が少なく絵が大きいので、何度か読んであげることで子どももストーリーを覚えやすく絵を見ながらストーリーを思い出すことができるでしょう。

最初は眺めているだけでも、自分でぼそぼそと何か呟きながら読みだしたら、きちんと“読めている”証拠だと思います。

その呟きは、書いてある通りで無くとも、子どもが絵本の内容を理解できれば一人で本を読むということに対しては成功だと思います。

さいごに

4歳の子は自分で考え、良い事悪い事の区別もついてくる時期です。

ドキドキしたり、「どうなっちゃうんだろう」と不安になったりする気持ちも芽生え、絵本で豊かな感性を育てるのも良い時期だと思います。

読み聞かせが苦手なお母さんも中にはいるでしょう。(実は私もそうです。)しかし、お母さんが読んで面白い本というのが、子どもにとっても面白い本なのだと思います。

こちらでご紹介させていただいた絵本は、私が読んでいても面白いなと思った本です。ぜひ一度手に取って、見ていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました