お下がりをあげる側になったときの注意点!マナーを改めて確認しよう

子供がいると、お下がりをあげたりもらったりというやりとりが増えますよね!
私も服やベビーグッズ、たくさんやり取りをしてきました。

ですがあげる側、もらう側それぞれ気を付けなければならないことがあります。

今回はお下がりをあげる側が気を付けたいこと、マナーを詳しくご紹介してみます。

スポンサーリンク

お下がりをあげるかあげないかの注意点!

ではまずお下がりをあげるかあげないか、そのやりとりの注意点から見てみましょう。

考えてみればお下がりのやりとりって結構デリケートなんですよね。

  • 本当に欲しいと思ってるかな?
  • いらないけれど断れないからもらってくれるのかな?

など結構気を使いますよね。

そこで気を付けたいのが、「もらって迷惑ではないか」ということです。

例えば服でしたら、サイズが合えばある程度使い道がありますよね。
私は服のお下がり今までたくさんいただきましたが、本当に助かりましたし嬉しいものばかりでした。

ブランドでなくてもかわいい服はたくさんありますし、洗い替えや汚してもいい用の服、保育園用の服など使い道はたくさんあります。

ですのでたくさんあって服はいらない、子どもの好みがうるさいから服はもらっても着させられない、という事情がないかということを確認しましょう。

それかなかなか断れなくてもらってくれる場合もありますよね。
性格によってはっきりと断れない方もいるでしょう。

そこは話しながら空気を読みつつ、本当に欲しいのか、もらってくれるかということを慎重に見極めてくださいね!

お下がりをあげるときに気を付けること!

では実際欲しい、ということでお下がりをあげることになった場合の注意点を見ていきましょう。

必ず洗濯してからあげる

洗濯をしてから保管しているとは思いますが、保管から時間が経っているとまた汚れてしまっていることがありますよね。

状態を確認するためにも、もう一度きれいに洗濯をしてからあげるようにしましょう。

特に臭いは注意です。
保管しているだけで服は結構臭いますよね…。
黄ばむこともありますしシミがついていることもあります。

改めてしっかり洗濯してからきれいな状態であげてくださいね。

スポンサーリンク

サイズを確認する

お下がりをあげる場合、あげる子供のサイズを確認してからあげるようにしましょう。

私もお下がりをいただいたとき、あまりにも先のサイズのものをいただいたことがあります。

もちろんいつか使えるのでとても嬉しかったのですが、それを保管しておくまでの時間そのスペースは結構場所を取ってしまうんですよね。

もちろんありがたいのですが、あまりにも先のサイズ、もしくはもうすぐ着れなくなりそうなサイズはないか確認してからあげるようにしましょう。

あげたあとのことも伝えると〇

お下がり、あげたあとはその方のものになりますが、もらった側としては使わなくなった時どうしたらいいか迷いませんか?

返した方がいいのか、誰かにあげてもいいのか…。

そういった迷いをなくすために、最初に「使わなくなったらあげてもいいよ」もしくは「親戚の子に次貸したいから使わなくなったら返してね」ということはしっかりと伝えてあげましょう。

そこまで最初から伝えてあげるととても親切ですね。

まとめ

お下がりのやりとり、大切なもののやりとりなので難しい部分もありますがしっかりと揉めることなくやりとりをしていきましょう。

あげる側にもマナーがありますし、もらった側のことを考えてあげることが大切です。

お下がり、もらったら嬉しいですし自分も使わなくなったものをあげて喜んでくれると嬉しいですよね。

うまくやり取りをしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました