お化けの絵本、2歳向けをご紹介!かわいくて楽しいものがいっぱい!

2歳ごろになってくると、子供も徐々にお化けの存在を気にし始めませんか?
お化けは怖いものという認識を持ち、かといってお化けになんとなく興味が出るという感じですよね。

そんな2歳の時期には、お化けの絵本がおすすめです!
お化けは怖い、けれどかわいいということに親子で気づくことができると思いますよ!

それにイヤイヤ期の時期ですので子供に「お化けが来るよ」というフレーズを使う時期でもありますよね…。
そのためにもよりお化けがどうういうものなのかを知っておきたい時期でもあります!

そこで2歳児におすすめのお化けの絵本をご紹介していきます!

スポンサーリンク

見やすい!かわいいお化けの絵本

お化けの絵本、いろいろなものを私も読んできましたが、おすすめをご紹介していこうと思います!

ねないこだれだ

表紙がお化けになっていて、とってもインパクトのある絵本です。
この絵本は子供に早く寝てほしくて購入したのですが、本当に効果があった絵本です。

早く寝ないとお化けに連れていかれてしまう…そんなことが2歳児にならよくわかると思います。

最初はこわがっていましたが、大きくなった今ではこの絵本をおもしろがって読んでいます。
私もお化けってかわいいなと思える一冊です。

ノンタンおばけむらめいろ

みんな大好きノンタンシリーズのお化けです。
楽しい表紙に見えますが、ノンタンたちがお化けむらに迷路のように探検するお話です。

中には実際の迷路があって、一緒にたどりながら読むことができます。
絵本が苦手な子も、きっと食いつくと思いますよ。

お化けに脅かされながらも進んでいくノンタンたちを、楽しく見ることができる絵本です。

ノンタンの絵本については、別の記事でまとめています。
↓ ↓
ノンタンの絵本の魅力とは!シリーズのおすすめ作品もご紹介!

こんな絵本も!2歳以降も楽しめます!

うさこちゃんおばけになる

ミッフィーシリーズの絵本です。
少しずつ字が増えてくる絵本ではあるのですが、2歳後半ごろなら楽しんで読んでくれる子も多いと思います。

うさこちゃんはいたずら好きで、お化けになってみんなを驚かそうとします。
古いシーツをかぶれば、うさこちゃんはお化けに変身!

お友達やおばさんを驚かすのですが、みんなびっくりしてしまってうさこちゃんの前からいなくなってしまいます。

それが寂しくなったうさこちゃんは、お化けになるのを辞めてしまうというお話です。

おばけはかわいいと思いきや、驚かしすぎるとこんなことになるというのがよくわかるお話になっています!

おばけでんしゃ

なんと!電車がおばけになってしまうお話です。

おばけ電車はおばけを乗せて走ります。
妖怪駅などお化けを次々と乗せて進みます。次はどんなお化けが出てくるんだろうとわくわくしてしまうようなお話です。

今までご紹介した絵本は結構絵がかわいくて、お化けもかわいらしく描かれています。

しかしこの絵本は結構リアルなお化けが出てくるので、怖さは倍増すると思いますがお化けをより感じることができます。

電車が好きな子供だけでなく、この絵本は結構大人でも楽しめる絵本になっていますよ!

まとめ

まだまだご紹介したい絵本があるのですが、ひとまず2歳児におすすめのおばけの絵本を4冊ご紹介しました。

まだ2歳向けなのでかわいらしいものが多く、お化けは怖いけれど親しみがあるものなんだよというのを伝えてくれている気がします。

お化けの絵本と言えば、「せなけいこ」さんがたくさんの絵本を出されています。

今回ご紹介した『ねないこだれだ』ほか
せなけいこさんのおばけの絵本をご紹介しています。
↓ ↓
せなけいこの絵本はこわい!?しつけやスキンシップに使える作品をご紹介!

見た目もすごくかわいいので、ぜひいろんな絵本をチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました