コンビ肌着はいつからいつまで着るものなの?特徴や着せ方のコツまで

赤ちゃんの肌着っていっぱい種類がありますよね。
しかも名前がそれぞれ複雑で、出産前はどれを着させればいいのかさっぱり分かりませんでした…。

いざ子育てをしてみると、一番便利だったのはコンビ肌着でした
動き出すようになると一番活躍しましたし、夏はコンビ肌着一枚で家で過ごすことも多かったですよ。

それではコンビ肌着はいつからいつまで着せるものなのか、コンビ肌着の特徴や着せ方のコツまでご紹介します!

スポンサーリンク

コンビ肌着っていつからいつまで着るの?

コンビ肌着はだいたい生後2〜3ヶ月から寝返りや動きが活発になるまで着せることが多いです。

最初生まれてすぐは短肌着や長肌着を用意することが多く、だんだん足をバタバタ動かすようになると長肌着だと着させにくくなるんですよね。

そうなったらコンビ肌着の出番です!
だいたい生後2〜3ヶ月くらいから足を動かすようになるので、その頃から着せてあげるといいでしょう

そして寝返りをしたりハイハイをするようになると、着替えがものすごく大変になります。
コンビ肌着のスナップボタンを留めるのが大変なんですよね…。

そうなると股下まである肌着に移行することが多いので、動きが活発になるまで着るイメージです。

我が子は動きが早かったので割と早めにコンビ肌着の出番がなくなってしまいましたが、その間は欠かせないアイテムでした!

コンビ肌着の特徴は?

コンビ肌着は名前のとおり肌着で、素肌の上に着るものです。
寒い時期はコンビ肌着の上からカバーオールなどを着せますし、夏で暑い時期はコンビ肌着だけで部屋で過ごすこともよくあります。

コンビ肌着の特徴は、裾が二股に分かれているところです。

肌着というとお腹、足まで長い肌着をイメージしますが、コンビ肌着はスナップボタンがついていて足のところで二股に分かれることができます。

生後3ヶ月にもなると足をバタバタさせて、寝返りをしてなくても動くんですよね。

そんなときに肌着が長いとめくれあがってしまうのですが、スナップボタンで足を分かれさせることができるので服が上がってこなくて便利です。

足が丸出しだと冷えないか心配になりますが、コンビ肌着はだいたい膝くらいまで長さがあるので安心ですね。

コンビ肌着の着せ方は?

着せ方としては、あらかじめコンビ肌着を開いておいてその上に赤ちゃんを寝かせて、さっと腕を通してスナップボタンを留めるとスムーズです。

寝かせてからコンビ肌着を開いて腕を通して…とやると、やりにくく時間もかかります。

あらかじめ開いてスタンバイしておくと、その上に寝かせるだけなのでスムーズですよ。

動くようになると、スタンバイしておいたコンビ肌着の上に寝かせた瞬間に寝返りをしていなくなる…ということが増えます。

そうなるとコンビ肌着ではなく、上から着せられる肌着に変えたほうがいいかもしれませんね!

まとめ

コンビ肌着、いったいいつからいつまで着せるのかについてまとめてみました。

赤ちゃんはそれぞれ動く時期が変わってくるので参考までにですが、生後2〜3ヶ月から動きが活発になるまでには大活躍する肌着です。

スナップボタンなので安全ですし、足がしっかりと隠れてくれるので大活躍する肌着ですよ!

もし何の肌着を買っていいか分からない方は、コンビ肌着は必ず必要になりますので購入して損はありませんよ!

タイトルとURLをコピーしました