頬が乾燥しやすい人のためのチークの選び方!おすすめは?

チーク

頬がカサカサと乾燥していると、メイクをするときにも粉ふいてしまって困りますよね。

せっかくチークを入れても浮いてしまいます。

毎日欠かせないメイクですが、肌に刺激を与えてしまうもの。

乾燥肌のダメージを減らせるよう、メイク方法やコスメの選び方にも気をつけていきたいですね。

中でも気になるのが、チークです!

頬は特に乾燥が気になるポイント。選び方を間違えると、粉ふいた頬が目立ってしまうことにも…。

頬が乾燥しているときに選ぶべきチークはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

乾燥肌に合ったチーク選び

乾燥が気になる冬場はもちろん、季節問わずエアコンの風やストレス、体質などで年中乾燥の悩みはついてきます。

乾燥肌はスキンケアでしっかりと保湿して、乾燥ダメージから守ってあげることで改善していきます。

乾燥肌向けに、保湿成分が含まれた化粧下地やファンデーションが多く発売されています。

実際に、実際に保湿成分入りのアイテムを選んでいる方も多いはず。

保湿成分入りの下地やファンデは、しっかり潤いケアをしながら外気の刺激から肌を守ってくれます。

そして肝心のチーク!

せっかくスキンケアやベースメイクで乾燥肌対策をしているのですから、ぜひ乾燥肌に良いチークを選びたいですよね。

頬の乾燥にはクリームやジェルタイプのチークを!

パウダー状のもののイメージが強いチーク。実は色んなタイプのものが発売されています。

カサカサと乾燥している肌にパウダーをのせることで、より乾燥しているのが目立ってしまうのです。

ベースメイクで潤いのあるリキッドタイプを選ぶように、チークもパウダーではないものを選んでみてください。

そこで乾燥肌におすすめなのが、クリームタイプ、またはジェルタイプのチークです。

百貨店コスメブランドからドラッグストアやバラエティショップで買えるプチプラコスメブランドまで色んなブランドから発売されているのでお気に入りを見つけるのも楽しいですよ。

また、クリームタイプやジェルタイプのチークはリップにつけて口紅代わりにしたり、アイメイクにワンポイントで取り入れて女性らしいメイクにしたりできる優れものです。

1つあると普段のメイクがより楽しくなりそうですよね。

クリームやジェルタイプのチークの使い方は?

クリームタイプ、ジェルタイプのチークはパウダーのもより水分を含んでいて刺激が低く、乾燥を促進させにくいです。

乾燥が目立っているときは肌がダメージを受けやすくなっているので、低刺激なコスメを選ぶと良いですね。

また、ブラシの刺激がダメージになってしまうので、クリームチークやジェルチークを指にとって頬にのせていきましょう

指に少量とってぽんぽんと頬にのせることで赤みが自然とでてきますよ。

肌への刺激も抑えられるのでおすすめです。

乾燥肌のチークでデパコスのおすすめ!キッカのクリームチーク

おすすめのクリームチークをひとつ紹介します。

私がいつも使っているCHICCA(キッカ)のフローレスグロウ フラッシュブラッシュ。

キッカのクリームチークは指ではなく、専用のスポンジを使用します。

塗り方はキッカ特有の「スタンプ塗り」といって、スポンジにまんべんなくチークを取り、軽くポンポンとのせていきます。

一見難しそうですが、実際にやってみるととても簡単で、仕上がりもキレイ。

チークが悪目立ちしたり、ムラになったりがありません。

キッカのブランドクリエイターの吉川康雄さんによる使い方動画があるので、参考になさってください。

カネボウ キッカ 20161221_CHICCA_FLUSHBLUSH CM

さいごに

ぜひスキンケアやベースメイクだけでなく、チークも乾燥肌に優しいもの選んでケアしてみてください。

【関連記事】≫乾燥肌でファンデーションが浮く!対処法は?何を選べばいいの?

タイトルとURLをコピーしました