乾燥肌でファンデーションが浮く!対処法は?何を選べばいいの?

ファンデーション

ファンデーションの浮きが気になる、このような悩みをお持ちではないでしょうか。

ファンデーションを塗ってすぐには浮きがなくても、時間が経つと浮くこともありますよね。

そこで、ファンデーションの種類やメーカーを変えてみたり、化粧下地を変えたり…。

しかし、それでも化粧がうまく決まらないということも多いと思います。

今回は乾燥肌でファンデーションがが浮く理由と、どのように対策したらいいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

乾燥肌でファンデーションが浮くとは?

ファンデーション

ファンデーションの浮きをなくすには、

  • 肌とファンデーションの間に隙間ができないこと
  • 乾燥肌でなく潤っており
  • 肌のキメが細かいこと

が第一条件です。

そして、ファンデーションが浮く原因には、皮脂が関係しています

肌が乾燥すると、外の刺激から肌を守ろうと肌の表面に皮脂となる脂を出し、刺激となるものをバリアしようとします。

脂が出ている状態で、乾燥した肌にファンデーションを塗ると、肌とファンデーションの間に隙間(脂の層)ができてしまい、化粧が乗らないという現象が起こります。

乾燥でファンデーションが浮く対処法は?

スキンケア

上記で説明した通り、肌が乾燥すると肌を守るために脂が多く分泌されます。

乾燥肌でファンデーションの浮きを抑えるためには、まず、乾燥肌を改善するスキンケアを行うことをおすすめします。

保湿することで、皮脂を少なくすることができ、ファンデーションの浮きを防ぐことに繋がります。

乾燥している肌は、時間を掛けてお手入れする必要があります。

保湿には、ヒアルロン酸などを配合した乾燥肌用の保湿液や、スクワランやヒト型セラミドなどの高保湿スキンケアを行い、肌の改善を目指しましょう。

また、肌には食事なども大きく影響しているので、改善を目指しましょう。

ファンデの浮きを抑えるメイク方法

ファンデーション

メイク方法により、ファンデーションの浮きを抑えることもできます。

基本的には、乾燥してファンデーションが浮く場合、オイルかエマルジョンファンデーションを使います。

パウダーファンデーションを使う場合にも、乾燥する時期は、皮脂の多い場所(鼻など)のみ下地を厚めにするのも良いでしょう。

さらに、乾燥している場合、ファンデーションは伸ばすのではなく叩き込むのが良いです。

乾燥肌のファンデを選ぶポイントは?

ファンデーションを選ぶ上でのポイントは、保湿成分が配合されており、乾燥肌でのトラブル防止が期待できるものが良いでしょう。

そして、油性乳化型のファンデーションであることです。

ファンデーションは、大きく分けると水性と油性の二つになります。

乾燥が気になる場合、油性タイプを選ぶのがいいです。

肌の水分が逃げないようフタをすることが出来るからです。

さらに、油性タイプのファンデーションは、二種類に分類できます。

通常の油性と油性乳化型と呼ばれるものです。

油性乳化型のファンデーションは、カバー力も良く伸びも良いので、乾燥肌にも塗りやすいです。

ファンデーションを選ぶ際は、乾燥肌の原因を抑える成分が配合されているものを選ぶと、事前に肌トラブルの予防にもなります。

タイトルとURLをコピーしました