引き出物は夫婦で一つでいいの?内容は単身で招待した人と同じでいい?

結婚式の引き出物は、来てくれた方にお祝いのお礼として用意をするものですね。
だいたい一人に一セットという形で用意することが多いです。

ですが夫婦や家族で招待することもよくありますよね。
その場合、引き出物は一人一つなのでしょうか?
それとも夫婦で一つ、世帯に一つでいいのでしょうか?

気になる引き出物事情について調べてみました!

スポンサーリンク

引き出物は夫婦・世帯で一つ?

ではまず夫婦で招待した場合の引き出物について調べてみました。

夫婦で招待した場合、基本的に引き出物は「世帯に一つ」です。
よって夫婦それぞれに引き出物を用意する必要はありません。

夫婦を結婚式に招待する場合、招待状はそれぞれに出すのではなく連名で出しますよね。
そしておそらくお祝いのご祝儀も、それぞれからではなく夫婦連名でいただくことになると思います。

そう考えると、引き出物も夫婦二人に対して一つ、という考え方になるのです。

引き出物はいただいたご祝儀に対してのお礼と考えます。
来ていただいた方のために食事を用意し、それと引き出物でお礼という形を取ります。

だいたいご祝儀の半分程度の金額を食事と引き出物に充てると言われていますので、引き出物をそれぞれに渡すことになるとそこは2倍の費用がかかります。

そうなるとご祝儀を渡す側はもっと包んだ方がいいのかな?と気を使うことになってしまいますよね。

よって世帯に一つと考えて、夫婦で来てくださった場合にはご主人様のほうに引き出物を置く、というのが一般的です。

これは家族で来てくださった場合と同じです。
家族の場合もまとめてご祝儀をいただくことになると思うので、世帯に一つ引き出物をお返しするイメージでいいと思います。

単身者の人と引き出物の内容は同じでいいの?

ここで疑問に思うのが、世帯に一つということは単身で来てくれた方と引き出物は同じでいいのか?ということです。

恐らく夫婦や家族で結婚式に来てくれた場合、ご祝儀は単身で来てくれる方よりも多く包んであることが一般的ですよね。

人数分食事も増えますし、単身の方と同じ額ということはないでしょう。

そう考えると引き出物が同じというのはご祝儀に見合っていないような気がしますよね。

多くの場合、夫婦や家族の場合は引き出物をグレードアップすることが多いです。
単身の方と同じものをお返しする、ということはありません。

ではどうグレードアップすればいいかというと、

  • 引き出物の数を増やす
  • 引き出物一つの金額をアップする
というのがいいでしょう。

引き出物はだいたい「メイン」、「引き菓子」、「縁起物」の3点を送ることが多いです。

そこに夫婦や家族で使える食器をプラスしてみたり、メインのものの金額をアップするなどして、単身の方の引き出物よりもグレードアップしましょう。

それか夫婦の場合ではペアで使えるものを入れてみたり、それぞれの好みのものがあればそれぞれに合った引き出物を入れてあげてもいいですね。

単身の方は一人向けのものを引き出物としますが、夫婦や家族の場合は皆さんで使っていただけるようなものを別で選んであげると、喜んでもらえるのではないでしょうか。

まとめ

引き出物、何にするか迷ってしまうと思います。
ですが夫婦や家族で出席していただく場合は、世帯に一つ用意しましょう。

内容に関しては夫婦や家族の方の場合、中身を単身の方とはグレードアップをするといいですね。

来ていただいた方それぞれに合った引き出物を選んであげると、きっと喜んでもらえるはずです。

引き出物選びは大変ですが、感謝を込めて選んでみてくださいね。

【関連記事】≫引き出物で人気&好評なものって何?

タイトルとURLをコピーしました