相模原花火大会の有料席は?混雑状況・日程・アクセス情報まとめ

相模原花火大会

相模原納涼花火大会は、毎年行われる神奈川県でも有数の大きな花火大会です。

見晴らしの良い河原から最新のヒット曲とともに花火があがります。

心地よい風を感じながら何千発もの花火を見ることができ、都内の花火大会よりもごみごみとしていないので大変気持ち良いですよ。

相模原花火大会の有料席について、開催情報・周辺情報とあわせて詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

相模原花火大会の有料席

花火を見るための有料席が用意されており、コンビニや大手のチケットサイトから有料席券を購入することができます。

都内の大きな花火大会だと有料席が直ぐに埋まってしまうこともしばしばありますが、相模原の大会の有料席は期間内の早い段階であれば確実に入手できます。

有料席の詳細・購入は
チケット販売について(公式サイト)

有料席エリアにはパイプ椅子が用意されており好きな場所で見ることができます。

余裕をもって席が設置されているようなので、花火開始前1〜2時間くらいに行けば友人らと離れることなく席を確保することができます。

有料席エリアに入るには手に座席購入者のリストバンドが必要なので、購入者はリストバンドをなくさないように気を付けましょう。

相模原花火大会2019の日程

第48回 相模原納涼花火大会

開催日:2019年7月15日(月・祝)

雨天時や川の増水時には中止になることがあります。(※延期・予備日なし)

時間:19:00 〜 20:15
(開会式 18:45 〜)

場所:神奈川県愛甲郡相模原市中央区田名
水郷田名、相模川高田橋上流

CHECK!詳しい地図・周辺の宿[楽天たびノート]

公式サイト:http://www.sagamiharahanabi.com/

相模原花火大会へのアクセス

駅からのアクセスはバスになります。

  • JR横浜線・相模原駅(南口)

「水郷田名」行きバス終点「水郷田名」下車、徒歩5分

  • JR横浜線・淵野辺駅(南口)
  • JR横浜線・橋本駅(南口)
  • JR相模線・上溝駅

「田名バスターミナル」行きバス終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分

私たちは浴衣で参加しようとしており、毎年バスは大変混雑することを知っていたので相模原駅から徒歩で行きました。

駅から徒歩だと1時間以上かかりますので、若い方や体力のある方のみ徒歩で行くことをお勧めします。

バスで現地までいかれる場合には、昼頃までのバスに乗れば大きな混雑は避けられるかと思います。

相模原花火大会の駐車場

自家用車で行かれる場合も昼頃までに現地に到着しているのが無難です。

大きな駐車場はあるものの、すぐに埋まってしまうため駐車場難民になってしまいます。

臨時駐車場:2800台(予定)
料金:2000円

当日、エフエムさがみ(83.9MHz)で渋滞情報や駐車場の混雑状況が発信されています。

相模原花火大会の混雑状況・屋台は?

花火大会会場となっている河原は大変広いため、人は多いですが歩くのが困難なほどではありません。

屋台の出店もたくさん出ており、人気店でなければ並ばずに食事や飲み物を購入することができます。大きな河原なので自然を感じながら出店を物色することができます。

相模原納涼花火大会の周辺情報

会場付近には「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」という小規模の水族館があります。

早めに到着した場合、こちらで休みながらかわいい魚たちを眺めるのもよいでしょう。子供向けの水族館なのでお子様も楽しめると思います。

CHECK!地図・基本情報はこちら[楽天たびノート]

さいごに

花火大会終了後は一斉に人が動きます。

会場は広いですが、花火大会終了後は帰り道が大変混雑するので時間に余裕がある場合は30分〜1時間程度会場で休んでから帰路につくのがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました