笠松川まつり花火大会の混雑状況は?駐車場・屋台・アクセス情報

※【中止のお知らせ】
2019年8月15日開催予定の笠松川まつりは、台風接近のため中止になりました。

笠松川まつり(笠松花火大会)は、毎年8月15日に開催されます。19:30〜大体1時間程度花火を打ち上げています。

なんといっても魅力は最後の大スターマインという笠松の夜空いっぱいに打ち上げられる花火です。

みんなが最後に拍手をし、感動し、うっとりする姿には何とも言えない魅力が詰まっています。お盆の思い出作り・気軽に花火大会を楽しみたい方にはお勧めです。

笠松川まつり花火大会について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

笠松川まつり花火大会の混雑状況

歩けないほどではないですが、花火打ち上げられているピーク時は、屋台が並んでいるところはかなり混みます。

花火打ち上げまでに場所と食べ物の確保しておいたほうがいいと思います。

毎年迷子情報も聞きます。子供さんと離れると探すのはかなり大変です。

笠松川まつり花火大会の屋台は?

かき氷・トルネードポテト・いかやき・たこ焼き・お好み焼き・焼きそば・からあげ・クレープ屋さん・わたがしなど、基本的な屋台はずらっとそろっています。

時々変わった店舗もちらほらと(笑)毎年いるわけでもないので、お楽しみです。

あと、子供さんが大好きなライト系、笛吹?みたいなおもちゃ、輪投げ、さめつり等も並んでいます。

笠松川まつり花火大会の駐車場・交通規制

笠松川まつり公式の駐車場はありません。

会場の隣にかさまつ競馬場があります。約3000台止められますが、かなり早くに駐車場が埋まっている感じがします。基本的には、みんな競馬場に車を止めています。

後は、笠松駅の周りに1台500円〜止められる駐車場もあります。駅から港公園までそんなに距離はないので、そちらに止めてもいいかもしれません。

車でかさまつ港公園に向かう場合、所々で交通規制が行われています。特に堤防は交通規制だらけです。お気をつけてお越しください。

笠松川まつり花火大会の電車でのアクセス

最寄りの笠松駅は名鉄線のみ通っています。しかし、普通・急行・特急どれでも止まるのでアクセスはしやすいと思います。(一部通過する電車もあり)

岐阜方面から、名鉄線名鉄岐阜駅→笠松駅駅(急行約5分)
名古屋方面から、名鉄名古屋→笠松駅(約30分)

笠松駅までついていただければ、あとは堤防沿いに歩けば着きます。警備員さんが立っているので案内は安心です。

15時過ぎからぞろぞろと人が歩いているのでその集団について行っても間違いありません。

笠松川まつりの日程・開催情報

日程:2019年8月15日(木) ※台風により中止

時間:16:00 〜 20:30
(花火の打ち上げ 19:30〜)

料金:無料
有料席はありませんので、見やすい席は早い者勝ちとなります。木が等間隔に植えられているので、一部見えづらい席もあります。

会場:笠松みなと公園
岐阜県羽島郡笠松町港町4



近くに宿はありません。軽く食事をするところもありません。そのため、笠松駅のコンビニが一番近く食べ物を買えるところだと思います。

基本的には雨天中止ですが、小雨程度なら決行しています。2017年の雨が降った時も決行していました。
2019年は、台風接近の予報に伴い前日に中止が発表されました。

当日の情報は、笠松町のホームページまたは、専用アプリを見ると確実だと思います。最終的な判断は当日15時に発表されています。

タイトルとURLをコピーしました