入間市の霞川の桜【埼玉の超穴場】行き方・駐車場・お弁当は?

入間市霞川の桜の画像

埼玉県入間市、西武池袋線入間市駅から徒歩10〜15分ほどのところに霞川という下流にいくと荒川に合流していく川があります。

霞川の両岸には古くから桜の木が植えられており、毎年春になると大変美しい花を咲かせます。

左右が住宅地で、河原にある遊歩道を散歩しながら桜を見たり、基本的に水量が少ないので、河原は広場になっており、お弁当を持ち寄ってお花見ランチをする憩いの場になっています。

近辺の住人だけでなく、入間市の霞川の桜の美しさを知っている人たちはわざわざ電車や車で遊びに来る人たちもいますよ。

スポンサーリンク

埼玉県入間市・霞川沿いの桜の場所と行き方は?

霞川の桜堤の最寄り駅は、西武池袋線の入間市駅(北口)です。

霞川沿いの花見の駐車場は?

車の場合には入間市駅の駅ビルやその傍にあるスポーツクラブ、デパートなどの駐車場に車を停めて河原を目指します。

霞川沿いの周囲には駐車場になるような余剰スペースはありませんので、駅周辺に停めたうえで、徒歩で遊びに来てください。

丸広百貨店入間店からは坂を下ればすぐに桜が見えてくるという立地ですね。

川の周りにはコンビニなどもありませんので、駅ビルやデパートでお手洗いを済ませてお散歩に出ると良いでしょう。

入間市霞川の桜スポットと周辺の見どころ

霞川の向こう側とこちら側、見える風景は微妙に変わっていて、それぞれにお気に入りの場所ができますよ。

ピクニックシートとクッションがあれば、河原に降りて陽の光に透ける美しい桜を存分に楽しめますよ。

ちょっとごつごつしているけれど、大の字になって桜を楽しめるのも嬉しい場所です。

また、霞川沿いからすぐそばの国道16号沿いには、大正時代に建てられた有名な建築家ヴォリーズが設計した日本基督教団武蔵豊岡教会の緑の尖塔が見えたり、昔この土地で生糸を商った商人が建てたという、ロケ地としても知られている『西洋館』があります。

霞川の桜の花見のお弁当は?

最寄り駅の入間市駅の駅ビルや周辺のデパートなどでお弁当を調達してから、霞川へ向かうのもいいですね。

または、霞川の周辺は普通の住宅街と侮ることなかれ、コンビニはありませんが、評判のマフィン屋さんと、ベーグル屋さんがあります。

当日だと売り切れてしまう可能性があるので、もし立ち寄ることを決めていたら、予め予約すると確実に美味しいものを食べられますよ。それを当日のお弁当にしても良いですね。

【ベーグル】ストーブファニチャー&カフェ

STOVE fumiture&cafe(ストーブファニチャー&カフェ)は、テイクアウト専門のベーグルと焼き菓子のお店です。

住所:入間市鍵山1-6-13

当日分はすぐに売り切れになってしまいます。前日までに予約しておいた方が良さそうです。

予約はフェイスブック
または電話で
電話番号:090-9824-8534
1個から取り置きしてもらえます。

【マフィン】マフィン ママ

マフィン専門店のMUFFIN MAMA(マフィンママ)

てれぴょんのおみせめぐり NO 006 マフィンママ

住所:入間市河原町9-7

現在は毎週金曜・土曜のみの営業です。

予約・問合せ
電話番号:04-2963-5201

霞川の桜堤は夕方の景色もオススメ!

夕方になると肌寒いですが、夕焼けに桜の枝がシルエットになる、とても幻想的な写真が撮れます。

オレンジ色の光に染まった桜の花はとてもキレイで、それが観たいためにわざわざ夕方に散歩することもあります。

あっという間に暗くなるので、時間との勝負になりますが、自然の美しさ、桜の儚さを存分に味わうことができ、リピートしたくなります。

さいごに

超穴場な地元民の憩いの場所、埼玉県入間市・霞川沿いの桜を紹介しました。

豊岡から黒須というエリアになりますが、短い距離でも変化にとんだ風景が見られ、旅をした気分になりますよ。

タイトルとURLをコピーしました