2歳の男の子のおうち遊びアイデア|ありあまる元気を発散できる!?

外へ出られない日、
子供は家じゅう走り回ることもあって
それはそれは大変ですよね。

この記事では、ありあまる元気を発散できる
簡単な家遊びをご紹介します!

スポンサーリンク

動き回ってダイナミックお絵描き!ポイントは「壁に紙を貼る」

元気すぎる2歳の息子は、
家じゅう走り回り、付きっきりで遊びに付き合わされ、
私の方がへとへと。

そこで試して、大成功したおうち遊びがこちらです。

用意するもの

・模造紙数枚
100円ショップの厚手のもので十分。

・壁に貼れるテープ
養生テープ、マスキングテープなど。

手順

1.壁に、できるだけ広範囲に模造紙を貼る。

一番上は落ちないように強めのテープで留める。
(私はここを養生テープにしました)
壁と紙の境目は、子供がわかりやすいように濃い色のテープで留めるとさらに良いです。

2.子供を誘い、オーバーアクションで描くようにガンガンおだてる!

要するに「アクションペインティング」

私は「ダイナミックお絵描き」と呼んでいますが、
絵画が好きな人には「アクションペインティング」と言った方が
よく伝わるかもしれませんね。

絵の具を使ったアクションペインティングよりも
準備・片付けが手軽にできますよ。

私がこれを子供にさせようと思いついたのは、
子供が「仮面ライダービルド」のファンだからなんです。

仮面ライダービルドのオープニング映像には、
主人公がクリアボードに字を書く場面があります。
子供がそれを真似して、本当に壁に書いてしまったことがきっかけでした。

広範囲に紙を貼ればはみ出しにくくなりますし、
紙と壁の境目を色の濃いテープで区切ると
子供自身が「描いていいのはここまで」と意識して、
もっとはみ出しにくくなります。

描くときは、
私が子供の後ろでビルドのテーマソングを歌ったり、
「今の動き、剣をシュッて振ったみたいだね!」とおだてたりして、
動き回りながら描くように誘導しました。

ダンスが好きな子なら、踊るように描いても楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

大きく動かすポイントは、「紙を壁に貼ること」

我が家では、普段は模造紙を床に敷いて描かせています。
ですが、これだと子供が見る範囲が狭くなってしまうのか、
あまり大きな絵は描きませんでした。

もちろん、その場に座ったまま、ほぼ動きません。

壁に貼ることで広く見渡せるようになり、
走り回って描いてくれましたよ!

遊びにいったん飽きても、撤去しなくていいのもメリット。
貼りっぱなしにしておけば後でまた遊んでくれるので、
トータルではかなりの時間と体力が消費できます。

折り紙をちぎって紙吹雪遊び

折り紙を好きなようにちぎって、
紙吹雪にする遊びも簡単で盛り上がりました。

子供と引っ張りっこしてちぎっても楽しいですし、
上からまかなくても、
子供が地吹雪のように散らかして遊んでくれることもあります。

これなら散らかされてもかまいませんし、
勝手に遊んでくれるので楽ですよ!

片付けはちょっと面倒ですが(笑)

疲れてきたら、白い紙とシールでカンタン工作

動き回るのに疲れてきたら、
座って簡単な工作もいいですよ。

白い紙を丸めて、丸いシールを貼るだけのおにぎりなら簡単です。

コピー用紙などを丸めて、ぎゅっぎゅっ。
そこに、具に見立てた丸いシールを貼っていきます。
赤いシールなら梅干し、黄色いシールなら卵ふりかけといった感じです。

シールは100円ショップの文房具コーナーで買えるもので十分です。
たくさん貼って具沢山おにぎりを作っちゃいましょう。

作ったおにぎりを使っておままごとに繋げることもできるので、
うまくいけばこの遊びでも時間が消費できますよ。

テレビにも頼る!家遊びのアイデア番組を録画しておこう

遊びに詰まってきたら、テレビにアイデアを提供してもらいましょう。

我が家では、NHK・Eテレで放送している
「あそビーバー」を録画しています。

ビニール袋に洗濯ばさみをつけてふわっと落下させる、
空のペットボトルを何個持てるか挑戦するなど、
家にあるものでできる簡単な遊びが紹介されています。

室内で体を動かす遊びが出てくることもありますよ。

うちの子の場合は、
テレビの中で子供が遊んでいるのを見るのが良いようです

どうやって遊ぶかがわかるので、
自分でも遊んでくれる確率はかなり高いですよ!

あなたが参考にしやすい番組を録画しておくと、
いざと言う時助けになるかもしれませんね。

2歳の男の子とおうち遊びまとめ

おもちゃを使って体を動かす遊びはこちら。
>>2歳向けの体を動かすおもちゃ!室内で雨の日も運動ができて便利!

ママと2歳児で遊ぶ戦いごっこ、脱マンネリでいきましょう!
>>2歳の男の子と戦いごっこアイデア集

雨の日などで外に出られない子供と、
家の中でも楽しく遊ぶアイデアをご紹介しました。

一日中遊びに付き合わされると疲れてしまいますが、
その中で少しでもこちらが遊びの主導権を取れれば
少しは楽になりますよ。

遊びの主導権をとりつつ、
子供に時間と体力を消費させたいものですよね。

お子さんがいっぱい遊んで、よく寝てくれるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました