赤ちゃんのヘアバンドってなぜつけてるの?嫌がるときの対応も!

ヘアバンドをつけた赤ちゃん

赤ちゃんでヘアバンドをつけている子、いますよね。

ベビーヘアバンドは布とゴムで作られていて
髪をまとめたりアクセサリーとして付けることがあります。

私の子どもも髪の量が赤ちゃんの時から多かったので、ヘアバンドをつけることがよくありました。

ですが中にはなぜヘアバンドをつけるの?嫌がってつけてくれない?ということを思っている方も多いでしょう。

では赤ちゃんがヘアバンドをつける意味と、嫌がってつけてくれないときの対応や注意事項もご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんがヘアバンド、なぜつけてるの?

ではなぜ赤ちゃんにヘアバンドをつけるのか、その理由を見ていきましょう。

髪をまとめるため

赤ちゃんの時から毛量が多い子もいますよね。
ですが結ぶのは難しいし、かといってそのままにしておくのも難しい、そういうときにヘアバンドは大活躍します。

私の子供は生まれた時から髪が多く、早くから結ぼうとしたのですが髪がさらっさらなのでうまく結べませんでした

それにまだ小さい時は髪を切るのも難しく、顔に髪がかかってしまうことがあったんですね。

そういうときにはヘアバンドはすごく便利でした。

かわいさアップ

赤ちゃんでもおしゃれをさせたい、可愛くしたいと思いますよね。

しかしまだヘアピンやヘアゴムは使えない…そんなときにヘアバンドはすごく活用できますよ!

つけるだけでとってもかわいくなりますし、おしゃれに見えます。
会う方の目に留まりやすいので褒めてくれることもすごく多かったです。

それに裁縫が得意な方はヘアバンドなら簡単に作ることができますよね。
自分の子に似合うヘアバンドを作ってあげることも楽しみの一つになるのではないでしょうか。

赤ちゃんがヘアバンドを嫌がる!付け方や注意事項は?

しかしヘアバンド、最初からすんなりつけてくれるのは難しいです。

私の子も最初は嫌がって嫌がって、なかなかつけてくれませんでした。

そんなときに気を付けたいことと注意事項をご紹介します。

サイズを確認する

ヘアバンドにはサイズがあります。

サイズが合わずきついヘアバンドをつけると嫌がることが多いので、サイズをしっかり選んでみてくださいね。

あきらめずに何日かトライする

最初に嫌がってしまったのでもうつけられない、ということはありません。
子供は慣れていくものですので、何日かトライしてみてください。

つけるときは何かに集中している時や寝ている時がおすすめですよ!
知らないうちについていると、気づかずにつけ続けてくれます。

長時間は避ける

かといって一日中つけることはやめましょう。
汗をかきやすい時期は取り換えたり外したりして頭皮を乾燥させたり、無理やりつけないなど工夫も大切です。

数分、数時間と時間を決めてつけるようにしてくださいね。

自分でつけさせない

大きくなってくると徐々に自分でつけたくなることがあります。
しかしヘアバンドが目元にズレたり、首回りに落ちてしまったら大変です。

必ず大人がつけるようにして、つけている間は目を離さないようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんがなぜヘアバンドをつけるのか、嫌がるときと注意事項についてもご紹介してみました。

つけるととってもかわいいので、ぜひ0歳の赤ちゃんのうちにつけてほしいな〜と思います。

1歳以降になると自らつけたがる子と、嫌がる子に分かれてきます。
それまでの間にママもヘアバンドを楽しんでほしいです!

髪が薄い子もアクセントになってかわいいので、ぜひつけてあげてくださいね。

Check!赤ちゃんのヘアピンはいつから?安全なおすすめ商品もご紹介!

タイトルとURLをコピーしました