釧路どんぱく花火大会の穴場はココ!見どころ・屋台・駐車場

釧路どんぱく花火大会

釧路大漁どんぱくは道内でナンバー1の人気を誇る花火大会です。

花火の打ち上げ時刻は19時から20時ぐらいで、打ち上げ数は約1万発です。

どんぱくの名前の由来は花火の音の「どん」と食べ物を食べる「ぱくぱく」からとって「どんぱく」と名づけられました。

釧路どんぱく花火大会2019
2019年9月14日(土)

※小雨決行、荒天の場合は翌9/15に延期

詳細・最新情報は「釧路大漁どんぱく」ツイッターをチェック!

この記事では釧路どんぱく花火大会の穴場を、見どころや周辺情報とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

釧路どんぱく花火は三尺玉が見どころ!

釧路どんぱく花火大会がなぜこんなに人気なのかというと、やっぱり三尺玉です。三尺玉とは直径88.5cmという最大クラスの花火で、開花直径は約600mにまで及びます。

道内の花火大会では三尺玉はこの「どんぱく」だけでしか見られません。この三尺玉を見るために釧路へ来る方がたくさんいるので大変素晴らしいものとなっております。

他にも釧路川の2つの台船から打ちあがる花火が水面に反射して映る美しさ。また川に沿ってクレーンで吊った花火が滴り落ちるナイアガラにも注目です。

釧路どんぱく花火大会の場所取りは?

ここまで人気の花火大会ですが有料観覧席などはなく無料で見られて、会場内の芝生は自由に場所取りが出来ます。

そのため席の確保が大変難しくなっていて、当日の午前中には場所取りで埋まってしまっている可能性が高いです。当日の朝など早めに席の確保をするのをおすすめします。

釧路どんぱく花火大会の穴場ポイント!

穴場ポイントは三尺玉を打ち上げする場所の目の前の北埠頭です。意外と空いていて穴場ポイントです。



あと米町公園も敷地がけっこう広いのでゆったりと花火を見ることができます。



どんぱく花火の駐車場は?

花火大会用の駐車場は無く、会場付近の駐車場を使うことになります。

おすすめの駐車場はすぐ近くに約500台収容可能な釧路錦町駐車場、徒歩5〜10分のところに約200台収容可能な釧路河畔駐車場があります。

その他にも近場に駐車場があるので利用してみて下さい。

またJRで来る方は釧路駅から会場まで徒歩15分程度なので安心して下さい。

釧路どんぱく花火大会の屋台は?

屋台につきましては毎年30店舗前後の出店があり、個性あるメニューや定番のメニューまでたくさんあります。

どんぱく花火の周辺のホテルは?

近くのホテルに関しましては、おすすめなのは釧路プリンスホテルです。釧路にしては比較的高層ホテルであり、部屋から花火を見ることができます。

ただし近場のホテルの予約は2ヶ月前くらいでも満室になっている可能性が高いため、なるべく早めに予約して下さい。

CHECK!どんぱく花火・周辺の宿[楽天たびノート]

どんぱく花火大会の注意点

子供と釧路どんぱく花火大会に来られる方は会場が大変混雑するのでくれぐれも迷子にならないように注意をして下さい。

また赤ちゃんなどがいる方は、三尺玉の音が大変大きいので注意が必要です。

さいごに

ここまで色々魅力などを伝えましたが、この花火大会に来てくださった皆さんが釧路の魅力についても感じてくださればいいなと思います。

「どんぱく」は夏に開催されますが釧路は大変涼しくなっているのでとてもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました