御堂筋イルミネーションのバスの運行は?イベント感想・見どころレポ

御堂筋イルミネーションの画像

毎年この時期恒例の大阪御堂筋のイルミネーションです。

御堂筋イルミネーション2019

期間:11月4日(月・振祝)〜 12月31日(火)
時間:17:00頃 〜 23:00
場所:御堂筋(阪神前交差点から難波西口交差点)

大阪のメインストリート御堂筋の銀杏並木全長4kmという世界的スケールの光の道は今年で11年目を迎えます。

御堂筋イルミネーションバスの運行状況とイルミネーションの見所・おすすめポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

御堂筋イルミネーションのバスは?

例年御堂筋イルミネーションの季節になると、このネオンをバスの車窓から眺め走ることのできる「イルミネーションバス」が運行されていたのですが、残念ながら2018年度の運行はありませんでした。

2019年は…

今年も恐らく運行されないと思います。

市バス

しかし、大阪駅からなんばにかけて運行する8系統(大阪駅1番のりば)のバスに乗車すると御堂筋をずっと南下して進むので、御堂筋イルミネーションを眺めながら進むことができます。

今年は大阪シティバス(市バス)に乗って御堂筋イルミネーションを眺めるコースも素敵かもしれません。

料金:大人210円/こども110円で乗ることができます。

定期観光バス(スカイバス)

以前運行されていたイルミネーションバスは市バスだったので、通常と同じ210円で乗れてとても良かったのですが…。

料金がかかってもいいなら、大阪市内定期観光バス「SKY VISTA」のイルミネーションコースを利用する手もあります。

2階建てのオープンンデッキバスで、大阪のイルミネーションスポットを回る「光の饗宴特別コース」
JR大阪駅発・料金は大人1500円、子供1000円

詳細は ≫近鉄バス OSAKA SKY VISTA

御堂筋イルミネーションもコアプログラムに含まれる「大阪・光の饗宴」公式サイトでも、イルミネーションバスとして上記スカイバスのページが案内されていました。

なので、市バスのイルミネーションバス運行再開はないのかなと思います。

御堂筋イルミネーションの感想・見どころ

御堂筋イルミネーションの画像

(※2018年のレポです)

今回は“流(る) ”をコンセプトに御堂筋の約4kmを光の川に⾒⽴て装飾しています。

淀屋橋から新橋までの間では「流れる光」を演出するなど、これまでにない動きのあるイルミネーションも登場!

御堂筋初の動くイルミネーションと上品でボリューム感のある光の空間は圧巻です。

スペシャルコンテンツとして、北御堂にて映像技術×照明デザインを駆使したライトアップ「フレームワークライトアップ」が初開催されています。

北御堂にゆったりとながれゆく光の波が照らし出され、とっても静かな光の世界に身を浸すことができます。

その期間はところどころオフィスビルのイルミネーションも行われており、淀屋橋と本町の間に建築中のビルではビルにクリスマスツリーが出現するなど会社帰りのビジネスマンを和ませています。

梅田から淀屋橋の間はピンク+ブルー+イエローのイルミネーション
淀屋橋から長堀通にかけてはイエロー+ブルー
長堀通から難波まではイエロー+ピンク+パープル
と色分けされ歩く人々を楽しませてくれます。

さいごに

御堂筋イルミネーションの画像

毎年の大阪冬の風物詩、大阪のメインストリートでもある御堂筋の全長4kmがライトアップされる「御堂筋イルミネーション」はギネスにも認定されています。

今回はバスについても紹介しましたが、以前あった市バスのイルミネーションバスの運行はなさそうです。

代案で紹介した市バスは本数が少ない!、スカイバスは寒すぎる!との意見もあり…。

徒歩で見るのもおすすめですよ。

せっかく冬の大阪に来たのならば、地下鉄で15分程度の梅田〜難波間を1時間ほどかけて歩いてみませんか?

きっと大阪の街のイメージが変わると思います。

タイトルとURLをコピーしました