くるみボタンキットとレジンを組み合わせたヘアゴムの作り方

くるみボタンとレジンのヘアゴム

今日はくるみボタンの材料とレジンを組み合わせてキラキラ☆ヘアゴムを作っちゃいま〜す!

お気に入りの布のお気に入りの部分を切り取り、そのまま使うことができるので簡単にヘアアクセサリーを作ることができます。

スポンサーリンク

くるみボタンの足がレジンのフレームに!

実はくるみボタンを使ったヘアアクセサリーの作り方はたくさん紹介されているんです。

その中で今回は『LapisMaria』さんのブログで紹介されていたくるみボタンの足の部分をレジンフレームとして使う方法を参考にさせて頂きました(’▽’*)

足の部分をレジンフレームに使うアイデアを活用し、私はレースのシリコンモールドで作ったパーツを周りに固定して花びらに見立ててみました。

くるみボタン+レジンヘアゴムの剤用

くるみボタンとレジンヘアゴムの材料
  • seriesくるみボタンキット3cm 足の部分が平らでないもの 1個
  • 足の部分と同じ大きさの布 1枚
  • 速乾UVレジン液 5g ディープブルー
  • 速乾UVレジン液 5g ハード
  • UVクラフトレジン液4g クリアブルー
  • UVクラフトレジン液4g ラメハード
  • 髪ゴム 1個
  • 封入パーツ 星
  • ラウンドビーズ クリア 4mm
  • UVレジン用薄型シリコンソフトモールド レース
今回使った用具
  • レジン照射機
  • 布用ボンド
  • つまようじ

お待たせしました!
作り方で〜す

くるみボタンとレジンでヘアゴムの作り方

1.くるみボタンの足の部分だけを使います。

くるみボタンとレジンの作り方・手順1

くるみボタンと同じ大きさのお好みの生地を用意します。

くるみボタンとレジンの作り方・手順2

2.くるみボタンの足の内側にボンドを塗り、生地を貼り付けます。

くるみボタンとレジンの作り方・手順3

3.速乾レジンハードをうすく流し入れ、ふちの部分にビーズをピンセットで配置し、レジン照射機で15秒あてます。

くるみボタンとレジンの作り方・手順4

※足の部分が邪魔して作業がしづらい場合はマスキングテープ等の上に置くとグラグラしないのでやりやすいです。

くるみボタンとレジンの作り方・手順5
くるみボタンとレジンの作り方・手順6

4.速乾レジンハードを薄く流し入れ、封入パーツの星☆を散りばめ整えます。レジン照射機で15秒あてます。

くるみボタンとレジンの作り方・手順7

5.レースのシリコンモールドに速乾UVレジン液ディープブルーを流し入れ、丁寧に慣らしていきます。
※ふちの部分までレジン液が届くようにつまようじで整え、レジン照射機で15秒あてます。ベタつくようであればレジン照射を追加します。

くるみボタンとレジンの作り方・手順8

6.クラフトレジン液 ラメハードを流し入れ、ふちの部分にレジン液を塗り5のレースの形のレジンをかぶせて固定します。レジン照射15秒!

くるみボタンとレジンの作り方・手順8

7.仕上げのレジン液を流し入れ整えます。
真ん中がぷっくりしている方が好きな方は何度か作業を繰り返します。

くるみボタンとレジンの作り方・手順9

※3回繰り返した場合

くるみボタンキットとレジンで作ったヘアゴム

8.裏側のボタンの足の部分に髪ゴムを通します。

ゴムの通し方1
ゴムの通し方2
ゴムの通し方3

できました〜☆
キラキラ&クリアなヘアアクセサリー(≧∀≦)

バッグにつけるとこんな感じ♪

くるみボタンとレジンのヘアゴムをバッグにつける

ピンク系で作ってみました!

ピンク系で作ったくるみボタンとレジンのヘアゴム

くるみボタンすごい!
レジンもすごい!

くるみボタンキットとレジン作成のポイント

くるみボタンのキットは足の部分がお碗型の物と平らな物があります。
平らな物だとレジンが流し入れないのでご注意を!

足の部分に通す髪ゴムは輪になっている物の方が結目がじゃまにならずスッキリするのでオススメです。
あまり太いと通しづらいので気をつけて下さいね。

作ってみてのまとめ

くるみボタンのヘアアクセサリーを作ってみたくて
どんなデザインにしようか悩みました‥

足の部分の金属感を出さないようにしたくて、レースのレジンを周りに固定してみたのですが正解♪

中に敷く生地や封入するビーズ、パーツ、レジンの色♡全然印象が違います。

周りに配置したビーズをもう少し浮き上がらせると
もっと豪華な感じになると思います。

ぜひぜひ作ってみて下さいね^^

タイトルとURLをコピーしました