バレンタインで取引先への渡し方…何を贈る?お返しは辞退する?

ギフト

バレンタインで仕事の取引先にはどう渡せばいいの?

気を遣う相手に渡すギフトって難しいで…。ちょっとしたインパクトを与えられるものがいいですね。

でも、お返しのことを考えると、かえって迷惑なのかな? と心配になってしまいます。

いっそのことお返しは辞退した方がいいの?

バレンタインのお返しにおける男性心理ってどうなの?

その辺りを調査してみました。

スポンサーリンク

取引先へのバレンタインギフトは?

バレンタインデーの日に仕事で取引先に合う約束があれば、ギフトを用意して臨みますよね。

取引先やクライアント・得意先・顧客など仕事上の義理は、チョコレートじゃないものを贈るのも一手です。

よほど高級チョコでないと味の良さが分かりませんし、手ごろなチョコレートでは娘のおこずかいのプレゼントのようで仕事にはしっくりきません。

例えば、「チョコレートの合間にでも食べてください」と、和テイストのお菓子をお渡しするのはどうでしょう。

チョコレート以外のものをもらったということを覚えている方が多く、名刺代わりになったという意外な効果の例もあります。

取引先に渡すときお返しは辞退する?

仕事上、気を遣う相手にバレンタインのギフトを渡す際に、お返しが面倒なのではと心配になることがありますよね。

半ば義務化となっているバレンタインの「お世話になりましたやりとり」は、うまく消えてくれないかなぁと思っている人も多いのではないでしょうか。

取引先からのお返しは、申し訳ないので遠慮したいこともあります。

日頃のお礼として感謝チョコを贈ったので、「お礼のお礼」は辞退したいところ。

でも、「お返しは不要です」的なことを言いながら渡すもの変かもしれません。

中には「お返しは何がいい?」と聞いてくれる人もいるので、その時には
「ほんのお礼の気持ちなので、気を遣わないでください」と言えばいいと思います。

バレンタインのお返しについての男性心理は?

義理のやり取りで、自分の目の前を通り過ぎていくバレンタインデーとホワイトデーというイベント、職場の男性たちは楽しいのでしょうか?

お返しが面倒だという意見を実際耳にしたことがあるかも知れません。

義理チョコのお返しについて聞いてみたことがあるのですが、ホワイトデーの時期には手頃なギフトがたくさん売っているので困ることはないそうです。

お返しが面倒だなんて言ってるのは、お返しが大変なほどたくさん貰ったというアピールでは? なんて意見も…。

ただし、高価なものを貰うとお返しに迷うようです。

逆に「バレンタインテロ」なる言葉もあるらしく、安易なバラ巻きで高価なお返しを期待されるのは図々しいと思われるみたいですね。

極端な例を除けば、男性の立場から、義理チョコをもらうことは決して気持ちが悪いものではないでしょう。

何だかんだ言っても「貰えないよりはマシ」だそうです。

まとめ

仕事上の取引先へのバレンタインギフトの渡し方と、双方で気を遣うお返しについてはいかがでしたか?

貰う側の男性心理については興味深いものがあります。

さいごにひとつ、「義理チョコのお返しはいらないって渡されたらどう思う?」を好意的にとられてくれた男性の意見を。

口コミ(男性)
非常に男性目線で申し訳ないのですが、逆に好感が持てます。

「私があげたいだけなので」とか言われたら気になるのが人間の心理です。

過去何人かに「お返しは期待してない」という体でもらいましたが、ことごとくお返ししました。

お返し目当てな気配をプンプンさせてもらうより、嘘でもいいから期待してないという体でもらう方がうれしいですね。

ただ、お返しは3倍返しどころか10倍返しくらいになってしまいました。男性の見栄なんでしょうね。

一番のお返しは600円くらいのゴディバのチョコに8000円の海鮮会席をお返ししました。

多少面倒なところがあってもバレンタインデーの風習は、仕事上の人間関係形成のために重要なのでしょう。

もっと気軽に楽しんでいいのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました