赤ちゃんと雨の日に支援センターへ!メリット&外出の工夫は!

赤ちゃんと毎日過ごしていて、雨の日は過ごし方に困りますよね。

一日家にいてもいいのですが、雨の日が続くと飽きてしまってそうもいきません。

しかも赤ちゃんでもずっと家にいるとお昼寝をしてくれなかったり、飽きてしまって機嫌が悪くなることもありますよね。

そんな時におすすめなのが、支援センターに行くことです。

では雨の日の支援センター、何がおすすめなのか
行き帰りの移動の工夫も合わせてご紹介していきます!

スポンサーリンク

赤ちゃんと雨の日には支援センターがおすすめ!

私も子供が小さかった頃はよく支援センターに行っていました。

特に雨の日は本当に助かりましたね。
メリットをご紹介していきましょう。

雨でも室内だから安心!

一番のメリットは室内で安心なことですね。
雨ですが行ってしまえば濡れることなく遊べます

支援センターにはおもちゃがたくさんあって子供はとっても楽しいですよね!
ママも相談員の方や来ているママと話せたりして、気分転換にもなります。

しっかりと体を動かせる

一日家にいるのはいいですが、何日も雨が続いて毎日家にいると体もなまってしまいますよね。
それは親にも当てはまることで、ずーっと家にいて体を動かしたいと思うこともあるでしょう。

支援センターにいえば赤ちゃんはずりばいやハイハイ、歩いたりしてしっかりと体を動かすことができますね。

それにママも行き帰りを歩いてみたり、支援センターの中を子供を追いかけているだけでも運動になります。

親子イベントで一緒に体操する時間もあったりと、体を動かすことができるんです。

ストレス発散

私はママ同士で話すことがストレス発散になっていました。
赤ちゃんの頃は成長について話すこともたくさんあって、共感してもらえるだけで励みになりますよね。

普段から支援センターに行っていると顔なじみもできてくるので、その方たちに会いに行くというだけでも支援センターに行っていたりもしました。

赤ちゃんもママにとってもストレス発散になりますよ!

赤ちゃん連れで雨の日の外出が憂鬱…どうすればいい?

ですが雨の日に支援センターに行くとなると、行き帰りは雨の中移動しなければなりませんね。

そこでポイントをご紹介します。

車の場合はとても楽でおすすめですが、電車や徒歩で行く方も多いでしょう。
そんなときはレインコートを着てくださいね。

抱っこ紐の場合は抱っこをしてもママはレインコートで濡れないようにし、赤ちゃんはフードをかぶせたりて傘で濡れないようにします。

ベビーカーの場合はきちんとベビーカーカバーをつけて、ママは傘ではなくレインコートを着ていると両手が空くのでおすすめですよ。

荷物はリュックにして、背負ってからレインコートを着ると荷物も濡れません。

こうした抱っこひも用のレインコートもたくさん出ています。
これが一着でもあると雨の日にお出かけがしやすくなるのでおすすめですよ。

雨の日の移動はすごく憂鬱ですが、赤ちゃんは雨に興味津々です。
普段雨の日に家にいたら赤ちゃんは雨の存在を知りませんよね。

まだ分からないかもしれませんが、いつもと違うという発見をさせてあげることはできますので、たまには雨の日の外出もさせてあげてください。

ですが濡れると風邪をひきやすくなりますので、

  • 短時間にする
  • 濡れないようにする
  • あまりにも寒い時は外出しない

などの工夫をしてみてください。

まとめ

赤ちゃんと雨の日にどう過ごそうか迷ったときは、支援センターがおすすめです。
行き帰りさえ乗り越えてしまえば、濡れずに楽しく遊べますよ。

ずっと雨で家にいると気がめいってしまうこともありますよね。
ママの気分転換にも使ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました