初節句の兜はどちらの親が買うもの?いつから飾るの?

初節句の兜

子どもの初節句、初めてのことなのできちんとお祝いしてあげたいと思いますよね。
そうなると初節句に向けて、兜の準備をしなければなりません。

しかし兜は誰が買うもの?と疑問に思いませんか?
なんとなくひな人形は実家の両親が買うようなイメージがあったのですが、兜はどうなるのでしょうか。

そこで初節句の兜は誰が買うものなのか、いつ買うべきなのかについても調べてみました!

スポンサーリンク

初節句の兜はどちらの親が買う?

初節句を迎えるにあたって兜を準備しなければなりませんね。

女の子のひな人形は実家の両親が贈るもの、というのは聞いたことがあるのですが男の子の兜は誰が買うかって意外と知らないですよね。

調べてみたのですが、兜は誰が買うという決まりはありません
ご家庭の事情や地域によっても異なるようなんです。

初節句の兜を買う方法としては、

  • 実家の両親が買う
  • 義実家の両親が買う
  • 自分たちで買う
がありますね。

地域によって買い方が変わるというのですが、関東地域では義実家の両親が買うという風習があります。

その理由は、関東では昔男の子が生まれると後継ぎが生まれたということでのぼりを立て、これが後々こいのぼりへと変わりました。

このことで、初節句に必要な兜は夫側の家が用意をするという風習があるからなんです。

逆に関西地域では実家の両親が買うという風習があるようなんです。

地域によってこれだけの違いがあるということに驚きますよね!

理由としては、昔家と土地は夫側が用意したことからそれ以外のものは妻側が用意をして、肩身の狭い思いをしないようにするという考えがあるからなんです。

私は両親が関西地域なので、雛人形や兜は女親が買うものという意識を持っていたため購入してもらいました。

私もそれが当たり前だと思っていたのですが、調べてみるとそれが当たり前ではないということが分かり驚きました!

こればかりはそれぞれの両親と話し合い、どちらの親が購入するかまたは自分たちで購入するかを考えていかなければなりませんね。

初節句の兜を買う時期は?いつから飾るの?

では兜を購入するとなったときに、いつ頃に用意しなければならないのでしょうか。

端午の節句は5月5日なのでそれに合わせて用意しなければなりませんね。

ですが最初は雛人形が店頭に並びますので、それの販売が終わった3月初旬〜中旬ごろに用意しておくと安心でしょう。

飾り始めるのは遅くとも4月の中旬までともいわれていますので、それまでには必ず購入するようにしておきましょうね。

初節句に旦那の兜のお下がりでもいいの?

また購入するのではなくお下がりを飾ろうと思っている方もいるでしょう。

旦那さんが使っていたものを息子に、と思う方もいるかもしれませんが、実はこうした飾りは身を守るものと言われているため、「一人一つ」が原則です。

よって兜はおさがりではなく新たに子ども用に購入してあげるのがいいと言われています。

ですが家庭によっては同じものを代々受け継いでいたり、どうしても購入できないといった事情がある方もいるでしょう。

そういう場合は絶対ということはありませんので、それぞれの家庭の事情を優先させて用意をするようにしてくださいね。

まとめ

そろそろ兜の準備を、と思ったら誰が兜を購入するのか、いつ頃購入するべきなのかをチェックしておきましょう。

もしおさがりがある場合は、それはどうしても受け継がなければならないものなのかどうかを確認してみてくださいね。
通常ですと、兜は一人一つということになります。

これから初節句、ぜひお子さんの成長を家族みんなでお祝いしてあげてくださいね!

【関連記事】≫初節句のお祝いは誰を呼ぶ?場所や費用負担についても調べてみた!

タイトルとURLをコピーしました