チラシ箱の作り方|簡単に折れて小物入れやゴミ箱に便利!

チラシ箱

子供の受講している月一度届く教材には毎回おすすめの商品紹介のチラシが入ってます。

子供はキャラクターの「しまじろう」が大好きなので、チラシを捨てないでとお願いするのですが、

取っておいても何をするわけでもなく、ただただたまる一方なので毎回気づかれないように廃棄しています。

でもチラシ自体は本当にかわいいので、捨てる際は何となく残念な気持ちになっていました。

どうにか利用する方法はないかと考えたときに、不要になったチラシを利用して「なんでも箱」を作る事を思いつきました。

スポンサーリンク

チラシで折り紙・簡単「なんでも箱」の作り方

準備するものは、

  • 不要になったチラシ1枚

不要になったチラシ

シンプルですね!サイズはA4用紙でもA3用紙でも大丈夫です!

早速始めましょう。

【手順1】
チラシを半分に折ります。

チラシ箱の作り方・手順1

【手順2】
さらに半分に折ります。

チラシ箱の作り方・手順2

【手順3】
開きます。中心に線ができていますね。

チラシ箱の作り方・手順3

【手順4】【手順5】
半分に折れている方の角を中心の折り目に向かって折ります。

チラシ箱の作り方・手順4

チラシ箱の作り方・手順5

【手順6】
開くと三角に折り目がついています。

チラシ箱の作り方・手順6

【手順7】
三角の折り目を押し開き、折れ線をしっかり付けてたたみます。

チラシ箱の作り方・手順7

【手順8】
反対側も同様に開いてたたみます。

チラシ箱の作り方・手順8

【手順9】
右側、左側はじを中心に向かって折りまげます。

チラシ箱の作り方・手順9

【手順10】
裏返して反対も同様に行い折り目を付けます。

チラシ箱の作り方・手順10

【手順11】
とんがっている方を下にします。
上部のチラシの3分の1部分を下に折り曲げ、

チラシ箱の作り方・手順11

【手順12】
裏も同様に折り曲げます。

チラシ箱の作り方・手順12

【手順13】
折り曲げた個所を開き、左右の中央に折った部分を半分に折り開きます。

完成した時にチラシの柄がよく見えるようにするためですが、特にメインの柄がかぶっていなければこの作業は必要ありません。

チラシ箱の作り方・手順13

【手順14】
開いた部分に個所を中に織り込みます。

チラシ箱の作り方・手順14

【手順15】
とんがった部分が箱の底側になります。

チラシ箱の作り方・手順15

【手順16】
閉じた部分を押し広げると四角い箱になっていますね。
完成です!

チラシ箱の作り方・手順16

チラシ折り紙の箱の利用方法と丈夫に作る工夫

出来た箱は子供が利用していますが、作った折り紙をまとめて入れたり髪ゴム入れ、アクセサリー入れにしたりと好評!です。

一枚のチラシでも良いのですが、同じサイズの物が二枚あった場合重ねて折るとさらに耐久性があがります

新聞についてくるチラシを二枚重ねで何セットか作っておくと、お食事の時にさっと机の上で広げて手や口を拭いたティッシュを入れてそのまま箱ごと捨てたりもできるから便利です。

また、冬の時期は風邪ひきさんになり、鼻水を拭いたティッシュを室内用のごみ箱に捨てて放置するのも嫌、という時でも箱に入れて丸ごと捨てられるので手も汚れません。

普通のチラシを使う場合は【手順13】は必要ないので飛ばして折ってくださいね。

折り紙で箱の折り方、チラシで簡単に!まとめ

いかがでしたか?
普段不要なものが役に立つって、なんだか得をしたような気持になるのは私だけでしょうか…(笑)。

一度作ったキャラクターの箱は子供が利用している場合すぐには捨てられませんが、

毎月の定期便で入っている新しいチラシが来たらそれで箱を作って古いものは捨てる、というサイクルなのでゴミもたまらず私も子供も満足しています。

キャラクターものに限らず普段から手に入るチラシでも出来るのでぜひお試しくださいね!

【関連記事】≫チラシで紙鉄砲の作り方|新聞紙でもOK!子供が喜ぶ音の鳴るおもちゃ

タイトルとURLをコピーしました