2人目のお宮参りは行かないといけないの?今時のいろんな形をご紹介!

お宮参り

赤ちゃんが生まれると、最初のイベントの一つと言っていいのがお宮参りですね。

赤ちゃんのこれからの成長を願うために、神社にお参りをする儀式です。
親族なども集まって、家族のイベントとして行う方も多いのではないでしょうか。

しかし最近、お宮参りをしない方が増えているようなんです。
特に2人目、3人目ともなると行かないことを選択する方もいます。

では2人目以降の場合、お宮参りは行かなくてもいいのでしょうか?
今時のいろんなお宮参りの形をご紹介していきます。

スポンサーリンク

2人目のお宮参りに行かないのはアリ?

お宮参りは、生後約1ヶ月頃に行うイベントです。
体力的にも大変ですし、赤ちゃんによってはまだ外出ができない子もいます。

ですのでお宮参りは「絶対に行かないといけないイベントではない」んです。
他の行事と一緒に行ったり、お食い初めと一緒にする方も多いですし絶対にやらなければならないという決まりはありません。

実際お宮参りをしなかったという方もたくさんいます。
その理由としては、

  • 産後の体調が不安定
  • 授乳などが不安でまだ外出はできない
  • お宮参りの準備をする時間がとれない
  • 上の子の予定もあり、行くタイミングがない

などというものが多かったです。

2人目以降ですと上の子のこともあってなかなか時間が取れない方もいるでしょう。

これはもちろん1人目でも当てはまります。
慣れない育児で毎日大変ですよね。外出が不安な気持ちもものすごく分かりますし、無理にお宮参りをする必要はありません。

家族と相談して、時期をずらしたりやらなかったりと、しっかりと相談してみてくださいね。

お宮参りの新しい形って?

お宮参りですることといえば、参拝、ご祈祷、写真撮影が一般的ですね。
最近ではこうしたお宮参りをする方も増えているんですよ!

参拝だけする

ご祈祷は受付をして、ある程度の時間参加しなければなりませんね。
人数が多いと結構時間がかかったりするんです。

私も子供のお宮参りのときにご祈祷をしてもらったのですが、相当数の方がいらしたので何十分と座っていなければならず、ぐずっている赤ちゃんがたくさんいましたよ

ですのでご祈祷はせずに参拝だけして、さっと済ませるという方法があります。
これなら気持ち的にも楽ですよね。

お食い初めと一緒に行う

お宮参りとお食い初めを一緒にやる方もとても多いです。
お食い初めは生後100日頃に行いますので、徐々に体調も安定し外出もしやすくなっているかもしれません。

一日にすべてを詰め込むのは大変かもしれませんが、お食い初めは料理屋を利用するなどして一気に行ってもいいかもしれませんね。

お食い初めと一緒にやる場合の詳細は、以下の記事にまとめました。
↓ ↓
お宮参りとお食い初めを一緒にやるのはOK?同日にこなすポイントは!

写真だけ撮る

写真スタジオで撮るだけの方もすごく増えていますよ!

ですが生後1ヶ月で写真スタジオは難しいので、これも時期をずらしてですね。

上の子のイベントと一緒に合わせて写真を撮る方もとても多いです。
これなら兄弟の写真を撮ることもできますし、一気に終わらせられるのでとても簡単ですね。

まとめ

お宮参り、2人目以降になると行こうか行かないかすごく迷ってしまいますよね。
自分、赤ちゃん、上の子の体調なども考慮しなければなりませんし、行かないと選択される方も多くいます。

必ず行かなければならないという決まりはありませんので、それぞれの家庭でタイミングをずらしたり、別の方法で済ませるなどをして決めてくださいね。

赤ちゃんの成長はあっという間です。
個人的には写真だけでも撮っておくといいかなと思います。
記念だけは取っておくと、あとから見返してとても嬉しくなるはずです!

タイトルとURLをコピーしました