初節句のお祝いは誰を呼ぶ?場所や費用負担についても調べてみた!

女の子は3月3日、男の子は5月5日が節句ですね。
特に初めての節句はみんなでお祝いをするといったイメージがあるのですが、いったい初節句のときは誰を呼べばいいのでしょうか。

どこでお祝いするのか、費用なども気になるところですよね。
そこで初節句の疑問について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

初節句のお祝いは誰を呼べばいいの?

ではまず初節句のお祝いは、いったい誰を呼べばいいのかをまず調べてみました。

初節句はそもそも「誰を呼ばないといけない」という決まりはありません。
一般的には、「両家の祖父母」を呼ぶというのが多いですね。

ちなみに私も子供の初節句のときには、両家の祖父母を呼んでお祝いしました。
近所であれば親戚や曾祖父や曾祖母まで呼ぶこともありますが、一般的には祖父母までかなという印象です。

そもそも初節句は子供の成長を願って、そして厄除けを願う儀式のことです。
女の子の場合はひな人形を、男の子の場合は五月人形を厄除けとして購入し毎年飾ることになります。

初めての場合は一つの大きなイベントとしてお祝いをすることが多いです。
その後ももちろん毎年お祝いしてもいいのですが、両家が集まって盛大にというのは初節句が多いですね。

初節句、お祝いの場所と費用についても!

では初節句に誰を呼ぶかを決めたとして、どこでお祝いをするかを決めなければなりませんね。

私は自分の自宅でお祝いをしました。
それは、買ってもらったひな人形を飾っていたからです。

だいたい家に雛人形や五月人形を飾ることになりますので、それを見ながらみんなでお祝いをするというのがいいですよね。

ですので特に事情がない限りは、自宅で開催するのがいいのかなと思います。

ですがどうしても自宅では出来ない、ということもあるでしょう。
両家が遠方で自宅では集まれないということもありますよね。
その場合はホテルなどの個室を借りるなどして、お祝いをするようにしましょう。

そのほうが食事を用意する手間は省けるので、ゆっくりとお祝いすることができるかもしれませんね。

では費用面です。
まずひな人形や五月人形は母方の祖父母が贈ると言われています。
昔はこの風習がきちんとしていたのですが、現在は自分たちで用意する場合もあったりします。

その他にお祝いをするとなると、お祝いとしてお金をいただくこともあるかもしれません。

そして食事ですが、自宅で開催する場合は自分たちで支払い食事を用意するのが一般的です。
私もそのときばかりは料理を用意しました…。

ですがホテルなどでお祝いをするとなると結構高額になりますね。
父方の祖父母が支払うように感じますが、今は特にこうした決まりはありません。

夫婦が主催して費用も夫婦が負担するといった流れが今は一般的になっています。

はっきりとした決まりがないのが難しいところですが、自分たちが自分たちの子供のお祝いを主催するというのが現代の流れかもしれませんね。

お祝いをもらったお返しや食事会のお土産ついては、以下の記事にまとめました。
↓ ↓
初節句の食事会でお土産は用意する?お返しのマナーを調べてみた!

まとめ

初節句は誰を呼べばいいのか、場所や費用についてもまとめてみました。
毎年のことのように感じますが、初節句は一度きりです。
これからの成長を願う意味でも、しっかりとお祝いをしてあげたいですね。

お祝いは一般的には両家の祖父母まで呼ぶ、場所は自宅、費用は人形を贈るのは母方の祖父母で食事は自分たち、といったのが一般的だということが分かりました。
ですがそれぞれの家庭で事情もあるでしょうし、父方の祖父母が主催して行うこともよくあるでしょう。

よく家族で相談して、素敵な初節句にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました