ひな祭りのお祝いはいつまでするの?雛人形のその後についても調査!

3月3日はひな祭りですね!
女の子の成長と幸せを願う日でもあるのですが、いったいいつまでお祝いするんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

私も昔のことを思い出してみたのですが、いつまでお祝いしてもらったかの記憶がないです…。
いつの日にか雛人形を出さなくなり、ひな祭りとして家族で集まることもなくなったように思っています。

そこでひな祭りのお祝いはいつまでするものなのか、お祝いが終わったあとは雛人形などはどうすればいいのかについて、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ひな祭りのお祝いは何歳から何歳までするもの?

そもそもひな祭りとは、女の子の成長を祈るための行事ですよね。
雛人形を飾って、家族で集まってひな祭りメニューをいただいたり、ひなあられを食べたりします。

このひな祭りは、実は平安時代から続いていると言われています!
それが今も受け継がれていると思うと、すごい歴史のある行事ですよね。

ではひな祭りのお祝いはいったい何歳から何歳までするものなのでしょうか。
正解は、「何歳という縛りはない」のです。

何歳から祝ってもいいですし、何歳まで祝ってもいいと言われています。

だいたい女の子が生まれたら、生まれたばかりでない限りは0歳からお祝いをしますよね。
ひな祭りの時期が近づくと、お雛様はどうするのか話すようになったり、お店にもたくさんの雛人形が売られるようになります。

ですのでスタートは0歳、1歳が多いのではないでしょうか。

気になるのは何歳まで、ですよね。
何歳まででもいいと言われると、逆にどのくらいが普通なんだろう?と感じると思います。

多くの例でいうと、

  • 小学校高学年〜中学生くらいから、雛人形を出さなくなった
  • 子供が嫁ぐまでは雛人形を飾っていた
  • 結婚で嫁ぎ先に雛人形を持って行って、ずっと飾っている

などさまざまな例がありました。

どれが正解ということはなく、ずっと飾り続けてもいいですし、大きくなってからは特にひな祭りはやらなくなった、というのでもいいでしょう。

ひな祭りをしなくなったら雛人形はどうすればいい?

ではひな祭りのお祝いをしなくなったとして、雛人形はどうすればいいのでしょうか。

私は実家でお祝いをしなくなってからは、もうずっと押し入れにひな人形を入れていると思います。
それはあまりよくない気がしています。

これも正解はなく、こういう例があるというのを参考にしてみてくださいね。

嫁ぎ先に持って行ってずっと飾る

雛人形は厄払いの意味がある人形なので、ずっと自分で持っているのが理想だと思います。
ですので結婚しても自分の厄払いのために、ひな人形を飾り続けてひな祭りのお祝いをするのはとてもいいことではないでしょうか。

供養して処分

我が家のようにずっと押し入れに入れっぱなしになっているならば、供養してもらって処分するのがよさそうです。

供養の仕方は、近くのお寺に聞いてみたりインターネットで検索して、近くに供養してくれる場所があるかを探してみましょう。
イベントなどで供養をしてくれる場所があったりするので、チェックしてみてくださいね。

関連記事雛人形を処分する方法は?捨てたくない!4つの選択

実家で飾ってもらう

実家でひな祭りのお祝いをし続けてもらうのもいいですよね。
例え娘が嫁いだとしても、両親にとって娘であることは変わりませんし、厄払いをしてくれるとこちらも心強いですよね!

このような方法があるので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

ひな祭りのお祝いはいつまでするのかに正解はありません。
ただしお祝いをしなくなってからの雛人形の扱いには気を付けたほうがいいかもしれません。

私も実家の雛人形をこれからどうするのか、しっかりと考えていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました