ハロウィンの伝統的なお菓子は?起源を調べてみた!レシピもご紹介

ハロウィンはここ数年で一気にブームになったイメージがありませんか?

もともとは海外で行われていたイベントなので、本当の意味や伝統って私たちは知らないことが多いのではないでしょうか。

これだけ日本でもハロウィンが主流になってきているのならば、実際のハロウィンの伝統を知って、もっとハロウィンを楽しみたいと思いますよね。

そこでハロウィンの起源と、伝統的なお菓子について調べてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンの起源ってどこなの?

ハロウィンは、夏と冬の境目を祝うケルト民族の風習が始まりと言われています。

ケルト民族はアイルランドの人々で、ここが起源だったんですね。

今もアイルランドの人々はケルト文化を受け継いでおり、ハロウィンの伝統的な料理やお菓子を食べています。

ケルトでは11月1日が新年とされていて、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると言われていました。

一緒に戻ってきてしまった悪霊を追い払うために、仮面や仮装をするようになったと言われています。

それが今は、大人や子どもが仮装をして楽しむイベントになったということなんですね。

ちなみにハロウィンといえばかぼちゃのおばけ「ジャックオランタン」ですよね。

このジャックという名前は、アイルランドの物語に出てくる男の名前で、生前悪いことばかりをしていたそうです。

最初はカブだったそうですが、アメリカにハロウィンが伝わってからはかぼちゃに変わったということで、きちんと意味があったのですね。

ハロウィン伝統のお菓子をご紹介!

ではハロウィンにはいったいどんなお菓子が食べられていたのでしょうか。

今はかぼちゃを使ったケーキやタルト、そして見た目がおばけやかぼちゃになっているお菓子が定番ですよね。

どちらかというと味より、見た目が重視されているイメージがあります。

実際にアイルランドの方々はどういった伝統のお菓子を食べているのでしょうか。

それが、「バームブラック」というものです。
ハロウィンの夜に食べる定番のお菓子です。

紅茶に浸したドライフルーツとスパイスを混ぜたパウンドケーキ、といったイメージですね。

作り方も見ていきましょう。

バームブラックのレシピ

作り方(約6人分)

  1. 大きめのボウルにレーズン100gと砂糖80gを入れ、濃い目の熱い紅茶に浸します。
  2. 粗熱を取って、溶き卵1個を入れてよく混ぜます。
  3. そこに、ふるった薄力粉80gと強力粉80gを加え、シナモン小さじ1/2、ナツメグ1/4、オールスパイス小さじ1/4、塩小さじ1/4を加えてさっくりと混ぜます。
  4. パウンドケーキの型に入れて、180度のオーブンで40分焼きます。

これで完成です!

伝統のお菓子と聞くと、ものすごく手の込んだ難しいお菓子なのかなと思いましたが、すごく簡単に作れそうですね!

このバームブラックは、最後にバターを添えてつけながら食べるとおいしいそうです。

少しスパイスが多いので子供は難しいかもしれませんが、大人はおいしく食べられそうなお菓子ですね!

紅茶と一緒に食べると、ハロウィンを大人も優雅に過ごせそうですね。

まとめ

改めてハロウィンの起源と伝統のお菓子について調べてみました。

なんとなくハロウィンをやっていましたが、意味を知っているとより楽しめそうですよね。

バームブラックもとてもおいしそうなので、ぜひ作ってみたいと思います。

パウンドケーキなら配る用にも作れるので、アイルランドの伝統のお菓子と配ってみても喜んでもらえそうですよね。

ぜひ試してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました