眼鏡で目が小さくならないメイクのコツ!眉・マスカラは?

眼鏡

眼鏡メイクってどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

眼鏡をかけている人の目には、どうしても視線が集まりやすいものです。

強い度数の眼鏡で目が小さくなってしまう!

フレームとの関係性で案外目立つ眉毛、マスカラはどうすればいい?

リップメイクは?

…そんな眼鏡女子の悩みを解消するメイク術をお伝えします。

スポンサーリンク

眼鏡で目が小さくならないメイク術

眼鏡をかけているときのアイメイクは、できるだけシンプルな方が似合います。

アイメイクをし過ぎると、眼鏡のデザインと印象が衝突してしまい、どうしてもうるさい印象になってしまいます。

上まつ毛のキワにラインだけを入れてナチュラルシャドウをまぶたの下側に。マスカラは上まつ毛だけに軽くつける程度で十分でしょう。

明るい色味は唇にとっておきましょう。

近視の眼鏡で目が小さく見えてしまう場合には、アイラインを引いて囲みメイクをすると目を大きくみせることができます。

まつ毛の上と下にラインを入れるとクリクリとした愛らしい目になります。

逆に遠視のせいで目が大きく見える場合は、軽くアイメイクをしてよくなじませるようにしましょう。アイラインは軽めにします。

目が大きく見えるということは、いい加減にアイメイクを仕上げると、そのいい加減さまでも拡大されてしまうので、念入りにメイクしましょう。

眼鏡メイクの眉毛はどうしたらいい?

眼鏡のフレームは、眉毛にも視線を集めます。眉の形をきちんと整えておくようにしましょう。

眉の整え方は、

  1. まずは両眉の間の余分な毛を抜きます
  2. 眉の内側のアーチと目の形のアーチが揃うようにします
  3. 眉下のはみ出した毛を処理します

薄い眉毛の人もいるでしょう。眉のまばらな部分や欠けた部分を埋めるには、柔らかいアイブローペンシルを使いましょう

自然な仕上がりにするには、少しずつ眉を描き足していくことです。眉を描き終ったら、上からパウダーシャドウを重ねて線をぼかすようにします。

眼鏡のアイメイクはマスカラも大切!

眼鏡をかけていると、マスカラがレンズについてしまうのではないかと心配してつけないという人も多いと思いますが、それは間違いです。

マスカラは一旦乾いてしまえば、眼鏡のレンズに着くことはありません。

アイラインは、落ちにくいのに描きやすいジェルライナーがおススメです。

眼鏡の奥の目力をアップしてくれるのでぜひチャレンジしてみてください。

眼鏡メイクはリップを強調しよう!

眼鏡をかけていると視線は目元に集中しやすいので、アイメイクは控えめにしたほうがいいのですが、そのぶん口紅は明るく大胆な色のものを使いましょう。

ポップピンクやバイオレットなどの大胆な口紅でも、眼鏡が相殺してくれるのでそれほど違和感がありません。

アイメイクが地味な分、口紅で個性を表現しましょう。

まとめ

眼鏡女子のためのメイク方法はいかがでしたか?

強い度数の眼鏡には目を大きくするメイク術を取り入れましょう。

眼鏡のフレームと眉毛の関係性、そしてマスカラも大切。

そして眼鏡女子メイクは口元を強く!

眼鏡を活かしたメイクを心がけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました