3歳の絵本でロングセラーは?吸収しやすい時期に読んであげたい!

絵本に関しては子供によって興味がある子、興味がない子がいると思います。

ですが3歳は、いろんなことが分かり始める時期でいろんなことを吸収できる時期でもあるので、絵本をたくさん読んであげるのがすごくおすすめの時期でもあります。

私も子供が3歳とのときは、本当にたくさんの本を読んであげていました。

子供自身が絵本が大好きだったのもありますが、読んであげた本を覚えていたり、それが生活の中で役立ったりと、絵本を読むことに成果が出ていると一番感じられたからです。

そんな3歳の時期には、たくさんの本を読んであげたいのですが、いつの世代も人気だった本は何か気になりませんか?

絵本はそのときのブームありますが、長く愛されている本もたくさんあります。

そこで、3歳の時期におすすめのロングセラー絵本をご紹介していきます!

スポンサーリンク

やっぱり1番はこれ!「ぐりとぐら」

まずおすすめなロングセラー絵本が、『ぐりとぐら』です。

これは、自分が子供のときに読んでいたという方も多いのではないでしょうか。

私も子供の時によく読んでいて、とても大好きな絵本でした。

このお話は、ぐりとぐらが森に食べ物を探しに行きます。道の途中でおおきなたまごを見つけた二人は、何を作ろうか悩みます。

大きくて運べないことが分かり、その場でカステラを作ることにします!

たまごからカステラを作るお話なのでお料理が好きな子は絶対に好きになると思います。

さらに、この本を読むまでに『しろくまちゃんのホットケーキ』というわかやまけんさんの絵本を読んだことがある子が多いと思います。

その絵本と関連して、食べることが好きになる、そんな絵本です。

『ぐりとぐら』は少し長めのお話になるので、3歳すぎの子には長くて飽きてしまうこともあるかもしれません。

しかし徐々に長さにも慣れてきて、続きが気になるようになると思います!

『ぐりとぐら』はずーっと語り継がれるほど人気で、有名な絵本です。

3歳を過ぎても読んでいて楽しい絵本になると思います!

以下の記事に『ぐりとぐら』の詳細をまとめています。
少し早めに2歳からの読み聞かせでご案内していますが、作品の魅力やシリーズのおすすめ作品を紹介しました。
↓ ↓ ↓
【ぐりとぐら】あらすじと魅力

心に残る大冒険!「はじめてのおつかい」

次におすすめする3歳のロングセラー絵本は、『はじめてのおつかい』です。

これは子供が3歳のとき、本当に大好きな絵本でした。

3歳くらいになってくると、そろそろ「おつかい」という言葉を気にするようになりませんか?

一人で行ってみたいけれど、まだ怖くて行けない…その気持ちをこの絵本は代弁してくれている気がします。

ドキドキするはじめてのおつかい、ちょっと涙を流してしまうこともあるけれど、がんばって目標を達成する、これは子供ながらに読んでいていろいろ感じることがあるんだと思います。

私も小さいころ、おつかいをしてみたいけれど怖くてできなくて…。この本を読んでいてその時の気持ちを思い出すことができました。

この絵本でおつかい行きたい!と言い出す子は多いと思います。

まだ3歳だと少し心配になりますが、例えば同じスーパーの中にいてお会計だけお願いしたりするなど、徐々におつかいのサポートをしてあげるといいかもしれませんね!

できたときはいっぱい誉めてあげて、その達成感で子供は大きく成長することができると思います。

まとめ

3歳に大人気の絵本ロングセラーについてご紹介しました!

この2冊以外にもたくさんのおすすめ絵本がありますが、私の中で、そして実際に子供も大好きだった絵本についてご紹介しました。

子供って気に入った本があると、毎日でも飽きずに読みたがりますよね!

成長とともに、その絵本に対しても見方が変わったり、理解が深まるんだと思っています。

ぜひたくさんの絵本を読んであげてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました