よさこいソーラン祭りの日程・見どころ・アクセス方法・屋台は?

よさこいソーラン祭り

北海道札幌市の中心部、大通公園にて毎年初夏の薫風香る6月初旬の5日間、北海道伝統演舞よさこいソーラン節のお祭りになります。

1992年から毎年開催されてるYOSAKOIソーラン祭りは、地元北海道だけでなく日本各地、世界各地からオリジナルにアレンジされたよさこいソーラン節の踊りを楽しむことができます。

演舞団体だけでなくあらゆる業種の企業、学校からチームが結成され、独自の鳴子や大漁旗なども使われあらゆるパフォーマンスを見ることができる、踊りの大好きな人にはとても見ごたえのある楽しいイベントです。

よさこいソーラン祭りの日程や見どころ、屋台について紹介していきます。

スポンサーリンク

よさこいソーラン祭り2019の日程

第28回YOSAKOIソーラン祭り

・開催日

2019年6月5日(水) 〜 6月9日(日)

・場所

北海道札幌市
中央区大通公園西10丁目〜西5丁目にかけて

・ホームページ

https://www.yosakoi-soran.jp/

↓公式ツイッター

よさこいソーラン祭りの見どころは?

YOSAKOIソーラン祭りはただ踊りを見るだけでなく、あらゆる団体チームの踊りの中からどのチームが一番見ごたえがあったか、すばらしかったかを決める投票・審査を行う競争の様もあります。

その決勝大会が行われる最終日はライトアップされた特設ステージ台の上でそのハイクオリティな演舞を見ることができます。

席は有料桟敷で最安値は1枚500円とお求め安い価格から、また桟敷を購入せずとも一部の桟敷は無料開放されており気軽に見ることができます。

チケット販売について(公式サイト)

さらにお祭りに来た人も見よう見まねで踊れるコーナーを日中に設置、皆で楽しく気軽に踊り楽しむことができます。

よさこいソーラン祭りの混雑状況・アクセスは?

やはり札幌市中心部でお祭りが催されるため、とても混雑を極めます。

会場の大通公園は、南北の通りを一部規制することで演舞の披露や歩行者天国がなされているという側面があり開催期間の間は、主要道の間で交通規制がとられ周辺道路の一部一方通行化も取られます。

ですので、自家用車とバスを使って来ることはお勧めできません。

中心部大通公園の真下に札幌市営地下鉄南北線、東西線、東豊線が通っています。出口は大通公園真下もしくは付近の出口1〜27番をお勧めします。

もし、どうしても自家用車で来る場合、大通公園西1丁目付近に地下駐車場がある他、創成川を渡り少し離れた大通東1丁目、バスセンター前駅付近に有料駐車場が点在しています。やはり中心部にあるので駐車料金は割高となってしまいます。

よさこいソーラン祭りの屋台は?

食事場所、当日は屋台が並ぶ箇所があります。

北海道各地の美味を楽しむことができる屋台「北のフードパーク」が大通公園の真ん中西5丁目と6丁目で、その北海道の中でもじゃがいもの美味しい東北海道の十勝をテーマとした屋台「北海道万祭」が大通公園の西の端、西10丁目に出店します。

ここまで端ですと大通駅の隣、札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅で降り東へ向かって楽しむのが便利かつ美味を堪能することができるのでお勧めです。

さいごに

老若男女たのしく参加できるYOSAKOIソーラン祭りへ是非、足を運んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました