松江花火大会の見物スポット・場所取りは?周辺のホテル・駐車場

松江花火大会

松江水郷祭は、島根県松江市で開催される山陰最大の夏祭りです。

宍道湖での湖上花火大会は大迫力!約一万発の花火を一時間かけて打ち上げます。

山陰最大規模とあってかなりの数の出店もあります。出店に関しては、流行のものから昔ながらの出店もあり楽しめると思いますよ。

ここでは松江花火大会のおすすめ見物スポットや場所取り、開催情報・周辺周辺情報をお伝えしますね。

スポンサーリンク

松江花火大会2019の日程・開催情報

松江水郷祭湖上花火大会

開催日:
2019年8月3日(土)・4日(日)

今年は土・日開催の両日とも花火の打ち上げがあります。

時間:
(8/3)20:00 〜 21:00
(8/4)20:00 〜 20:20

開催場所:
宍道湖周辺

公式サイト:
松江観光協会

最新情報は松江市の観光情報のツイッター公式アカウントから。
↓ ↓ ↓

松江花火大会の見物スポットは?

松江花火大会には有料席もありますが、遠方からの旅行客の方でない限りは使用しません。かなり高い印象があります。

宍道湖を松江市側囲むように見られるポイントが複数あります。ここでは3つの見物スポットを紹介します。

島根県立美術館周辺

ひとつが島根県立美術館周辺のエリアです。出店の数は少なくなってしまいますが、花火を間近に観戦することのできるポイントになります。

子供連れの方などはこのエリアの方がゆっくり観戦することもでき、人混みも少ない方なので良いのではないかと思います。

NHK松江放送局周辺

二つ目が、NHK松江放送局周辺のエリアです。

このエリアは、駅の方から一直線で来ることができ、花火観戦をされる方が一番多いエリアになります。

宍道湖大橋手前の広場には当日の朝から場所とりをされる方がいるほど花火の絶景スポットです。

実は、花火大会の始まる一時間前の19時より宍道湖大橋が歩行者天国になるため、道路での観戦もすることができます。人混みを避けてゆっくり見ることが出来るエリアになっています。

しかし、花火大会終了と同時に駅の方面へ人が雪崩れ込むように移動するため、余韻に浸ったりする時間はないので余韻に浸りたい方にはオススメ出来ません。

松江市役所周辺

三つ目が、松江市役所の周辺のエリアです。このエリアは、一番出店が多いエリアになります。

出雲方面から来られる方はここの一畑電車などを活用するといいかもしれませんが、出店が多いためとにかく人が多いです。

このエリア近辺に宍道湖温泉もあり、有料席もあるのでゆっくり過ごしたい方には有料席からのんびり眺めるのもいいかもしれません。

松江水郷祭花火大会の場所取り

松江花火大会の場所取りは、当日の「日の出とともに」解禁になります。

2015年は午前0時、2016年は朝8時が解禁時間でした。

松江花火大会の周辺のホテルは?

松江市の宍道湖沿いには、宍道湖温泉があり複数の旅館があります。

ちょっと離れたところには、玉造温泉もあり宿泊には困らないと思います。

温泉でなくとも、徒歩10分の距離に松江駅があるためその近辺にはビジネスホテルも複数あります。

CHECK!周辺の宿を探す[楽天たびノート]

松江花火大会の駐車場は?

2019年の臨時駐車場
有料臨時駐車場

  • 8月3日のみ設置
  • 会場までシャトルバスの運行あり
  • 駐車料金 2000円

場所と開場時間

  • 松江南学校給食センター南側 13:00 〜
  • 松江南学校給食センター北側 13:30 〜
  • 松江市立湖南中学校グラウンド 14:00 〜

駐車場については多くありません。

遠方からであれば、宿泊先付属の駐車場に止めさせてもらえれば大丈夫ですが、日帰りなどでは午後イチくらいに来ないと駅周辺の駐車場などは止められないと思ってください。

お帰りの際も大変混むので、公共機関を使う方がいいと思います。その日のために、臨時ダイヤもあるのでJRが楽だと思います。

さいごに

松江花火大会は、都会と比べて電気の明かりが少ないため、花火独自の明るさを楽しむことができます。

湖上花火なので間近に迫るような大迫力を味わう事ができますよ。

ぜひ一度ご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました