七草粥を食べる意味は?子どもに何て説明すればいいの?

七草がゆ

スーパーに七草のセットが並び「おせち料理のあとは七草粥」が日本の伝統食って感じです。

今年は材料を入手して、七草粥を作ってみるのもいいですね。

せっかくだから子どもに意味を教えてあげながら伝統行事を楽しみたい!

まずは、自分が知ってなきゃ説明することができません。

そもそも何で七草粥なの? 意味がわからないですよね。

そこで今回は、七草粥の由来や食べる意味をお伝えします。

子どもに説明の例も挙げてるので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1月7日に七草粥を食べる意味は何で?

1月7日は、人日の節句(じんじつのせっく)。

朝、春の七草が入った塩味のおかゆを食べる日です。

人日の節句は、桃の節句や端午の節句と同じく五節句のうちのひとつです。

人日の節句の行事食が七草粥というわけです。

お正月の最後になるこの日に、七草粥を食べて無病息災を願います。

また、お正月のおせち料理は青野菜が少ない上に、胃腸に負担がかかるようなものが多いですよね。

胃腸を休ませるため、加えて青い野菜を摂る意味でも七草粥は食べられていたのです。

春の七草

元々は、中国で1月7日に邪気を払って、無病息災を願い7種類の野菜が入った吸い物などを食べる風習が平安時代に伝わったこと。

日本で年の初めに若菜を摘んで新しい生命をいただくという「若菜摘み」の風習があったこと。

この二つの習慣が合わさって、1月7日に7種類の若菜を入れたお粥を食べるようになったとされています。

江戸時代には、幕府によって七草粥を食べることが公式行事とされ庶民の間でも広がるようになりました。

御伽草子の「七草草子」に、両親の若返りを願う大しうという親孝行者が、天上の帝釈天から七草を食べさせるようにとのお告げを授かる説話が語られています。

こちらは七草の由来とともに、親孝行の得を説いた話でもあるようですね。

七草粥の意味を子どもに何て説明すればいい?

七草粥の由来や食べる意味を子どもに説明しながら材料を揃えたり、食卓を囲んだりしたいですよね。

何の説明もなく、いきなり地味なお粥を出されたら、お正月の豪華な食事とのギャップにびっくりされてしまいそうです。

では、七草粥を食べる意味を、どういうふうに子どもに説明したらいいでしょうか。

昔、親孝行な子どもが両親の長生きを願って… と『七草草子』説話を話すのもアリですが、「親孝行」ってのも何だかしっくり来ません。

具体的に何て言うか、例をあげてもらいました。

口コミ

1月7日にはお店の野菜のコーナーに、普通は見ないような野菜が何種類か1つにまとめて売られえているんだけど、見たことあるかな?

七草と言ってね、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロという野草なんだよ。

野草というのは、山や川辺、野原で見られる草なんだけど、今は珍しくなってしまったものもあるかも知れないね。

昔はどこにでもあった自然の草花で、そんな草花が当たり前に生えていたのに、今はお店で売られるなんてね、不思議だよね?

私が小さい頃は遊びながら、摘んでお母さんにお土産に持って帰ったっけ。

七草粥というのは、その7つの野草を炊いたお粥のことで、それぞれの野草には薬に似た力があって、おせち料理や新年会など飲んだり食べたりが多く、疲れた胃腸を労るために1月7日という日に食べることになっているんですよ。

口コミ

年末からお正月にかけて、ずっと豪華な食事をいっぱい飲んだり食べたりしたので、みんなお腹が疲れている。

だから、さっぱりしたお粥でお腹を休めてあげよう! という意味と説明します。

同時に、松の内が終わるという意味合いを教えることを兼ねて、七草粥を食べたらお正月モードは終わり。今年も一年、健康でけがや病気をすることなく頑張りましょうということも併せて言います。

子供がある程度の年齢なら、地方によって七草粥にいっぱい種類があることや平安時代から続く行事食ということも教えてあげようと思います。

日本の風土に合わせた、理にかなった行事食ということを伝えていきたいですね。

まとめ

七草粥を食べる意味を子どもに伝えるポイントは

  • 春の七草の種類
  • お正月料理で疲れた胃を休める(子供は関係ないかな?)
  • ずっと昔から伝わる行事食だということ
  • 家族の無病息災の願いがこもっていること

を説明すると良さそうですね。

子どもにもわかりやすい言葉で、みんなが1年を病気しないで元気に過ごせますようにと願って食べるんだよと教えてあげましょう。

きっと、七草粥を食べる伝統が子どもにも伝わると思います。

【関連記事】≫七草粥がおいしくない…その理由と美味しく食べられる方法をご紹介!

タイトルとURLをコピーしました