謙信公祭の見どころ!開催情報と武禘式・川中島合戦を見てきた感想

謙信公祭 川中島合戦の再現

映画やゲーム、漫画などの影響で、戦国武将ファンはかなり増えていますよね。

その中でも人気なのが、上杉謙信。戦上手で、生涯70回の合戦に挑み2回しか負けなかったというお話もあります。

自分を毘沙門天の生まれ変わりと言ったり、最近では上杉謙信女性説が浮上している事もあり、どこかミステリアスで儚いイメージの魅力的な武将です。

今回はそんな上杉謙信をたたえるお祭り・謙信公祭の見どころについてまとめてみました。

スポンサーリンク

謙信公祭の日程は?

謙信公祭 2019

8月24日(土)
8月25日(日)

前夜祭:8/23(金)開催

私は2018年第93回の謙信公祭(けんしんこうさい)に行ってきたのですが、日程は8月25日(土)と26日(日)でした。毎年夏の終わりに開催しているようです。

謙信公祭の開催場所は?

開催地は新潟県上越市春日山付近です。

東京からは北陸新幹線で上越妙高まで約2時間。料金は指定席でも片道1万円以下で行けちゃいます。

上越妙高から春日山駅までは、えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインで約10分。料金は200円です。

謙信公祭当日は、春日山駅前に専用のシャトルバスがあるので移動には困らなかったです。

謙信公祭初日の見どころ・感想

春日山駅に着くと、ちょうど謙信公祭開始を知らせる狼煙が各山で上がっていました。※春日山駅付近から確認できたのは1つでしたが近くの他の山からも狼煙が上がっていたようです。

そして武禘式(ぶていしき)を見に春日山神社へ。

謙信公祭 武禘式

甲冑を来た人達の迫力がすごかったです。太鼓の演奏や踊りも見ることができました。戦国時代にタイムスリップした感じでした!

合間に、上越市埋蔵文化財センターで上杉謙信や上越市の歴史について学びました。こちらは入場料無料!

あとは戦国ご当地グルメ大合戦にも行きました。出店がたくさん集まったフェスのようなものです。糸魚川のかまぼこメンチがすごく美味しかったです。

謙信公祭2日目の見どころ・感想

2日目はクイズやトークショーなどがあり、出陣行列を見ながら春日山城史跡広場へ。

楽しみにしていた川中島合戦の再現を見ました!これは事前に桟敷席のチケットを購入しておいたので最前列で見れました。お土産付きで1500円。

謙信公祭 川中島合戦の再現

ちなみにこの再現は、夕方から2時間〜3時間ほど。

夏ですが結構冷えるので、パーカーなどの上着を持っていった方がいいです。あと広場は結構草が生えていて虫がいるので、長袖長ズボンに虫除けスプレーなんかもあるといいです。

ものすごい数の武将達が広場に集まり、馬に乗って戦ったり、本当に迫力がすごかったです。

私はもちろん上杉謙信も好きですが、実は武田信玄や真田家推しなので、気付いたら武田軍の写真ばかり撮っていました。

ストーリーもかなり忠実で、実際に足が悪かった武将が足を引きづって歩いていたりして、本当に川中島の戦いを見ているようで感動しました。またいつか見に行きたいです。

さいごに

謙信公祭。上杉謙信ファンはもちろん、あまりよく知らないという方も楽しめる内容でしたので、ぜひ足をはこんでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました