生後1ヶ月の夏の服装、枚数や何を着せればいいのかポイントをご紹介!

春や夏に生まれた赤ちゃんは、すぐに暑い夏が来ます!

年々夏は暑さが増していますよね…。
暑すぎて外に出るのも大変なほどです。

かといって部屋でクーラーをがんがんにしていると、逆に寒くなって羽織るものがほしくなったり…調節がとても難しい時期でもあります。

赤ちゃんはまだ肌が敏感で、話せないので何をどのくらい着せればいいか迷ってしまうと思います。

そこで、生まれたばかりや生後1ヶ月くらいの赤ちゃんの夏の服装について、ご紹介します!

スポンサーリンク

生後1ヶ月の服の枚数は?

赤ちゃんの服装、最初はとっても悩むと思います。

暑いのかな、寒いのかな、わからなくて何度も着替えさせたりすることもあるかもしれません。

そんなときのために、赤ちゃんの服を選ぶポイントを覚えておいてください!

  • 生後1ヶ月までは大人の服プラス1枚
  • 生後2〜3ヶ月は大人と同じ枚数
  • それ以降は大人の枚数マイナス1枚

これがおおよその枚数です。

ですが、夏の場合は臨機応変に対応しましょう。

というのも、外に出たときと室内にいるときで、大幅に気温差があります

生後1ヶ月ごろはまだまだ家にいる時間が長いと思います。

肌寒いこともありますので、大人の服プラス1枚、もしくは同じ枚数くらいでいいのではないでしょうか。

生後1ヶ月の室内の服装、夏は何を着せる?

枚数以外に気になるのが、何を着せるかですよね!

赤ちゃんは、肌着とロンパースを着ることが多いでしょう。

家の中では肌着だけで過ごすことも多いですよね。

ですがクーラーで冷えていると、肌着だけでは寒いですので上にロンパースを着せてあげましょう。

肌着も、短肌着ではお腹が冷えてしまうので、おすすめはコンビ肌着です。

コンビ肌着ですと家の中で1枚でも十分体を覆ってくれるので、おすすめです。

あせも・紫外線に気をつけて!

夏に一番気にしなければいけないのが、汗によるあせもです。

赤ちゃんの肌は敏感で、すぐに湿疹ができてしまいます。汗をかいて暑すぎるとすぐにあせもができてしまうので、服を着させすぎないことも重要です。

そして保湿です。夏は乾燥していないから…と言わずに、特にお風呂上りにはきちんと保湿をしましょうね。

さらに紫外線にも注意です。

紫外線は外に出ているときだけでなく、家にいても浴びてしまうんですよ!

赤ちゃんを明るいところにと、窓際の近くに寝かせておくこともあるかもしれません。

そうするとダイレクトに紫外線が当たってしまうかもしれませんので、日が当たらないかをきちんとチェックしましょう。

外に出てお散歩もしたいですよね。

そんなときは、朝か夕方の暑さが落ち着いているとき、そして紫外線が当たらないように肌を守りましょう。

日焼け止めも、1ヶ月から塗れるものもあります。

肌の様子をきちんとチェックして、塗るようにしましょう。

1ヶ月の赤ちゃん夏の服装まとめ

赤ちゃんの服装、私もすごく悩みました…。

やはり寒かったら大変!と思って、着させすぎることが多くなってしまいますよね。

意外と赤ちゃんは暑がりで、夜なかなか寝ないな〜と思ったときに服を1枚脱がせたら、すっと寝てくれたなんてこともよくあります。

手足が冷たいのも赤ちゃんの特徴ですので、つい寒いのかな!?と心配になります。

ですが、私たちより体温も高いので、そこまで厚着をさせないこともポイントと言えると思います。

外に出る時は、カーディガン、レッグウォーマーなどがあると肌寒いときにさっと着させることができるので、持っておくと安心ですね。

生後1ヶ月、かわいい服もたくさんあるので選ぶのも楽しくなりますね。

ぜひ快適に夏を過ごしてください!

タイトルとURLをコピーしました