目黒川の桜への行き方!見頃や混雑状況は?ライトアップ・桜まつり

目黒川の桜並木

世田谷区、品川区、目黒区から東京湾に向かって流れている目黒川の桜は、毎年テレビでも取り上げられるほど有名なお花見スポット。

桜まつり・ライトアップ中止

2020年、中目黒桜まつり および ライトアップは
新型コロナウイルス感染の拡大防止のため中止となりました。

川を覆うようにずーっと桜の並木が続いて、本当に見事です!

都心とは思えないくらい桜がきれいで、
しかもアクセスもいいのでつい行きたくなります。

その分混雑はするのですが見どころも満載なので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

目黒川の桜への行き方・最寄り駅とコース

目黒川に沿って約4キロにわたって続いている目黒川の桜並木。

中でも最も有名で、お花見スポットの中心となるのは、中目黒駅から池尻方面です。

メインは中目黒駅から池尻方面へ

最寄り駅は東急東横線の中目黒駅
実は駅に着いたときからもう桜の景色が広がっているんです。

東急東横線の渋谷方面のホームからきれいな桜が見られるので、まずはそこから景色を楽しんでほしいと思います。

中目黒を出るとすぐに目黒川が流れていて、目黒川沿いがもう桜の絶景スポットになっています。

道沿いには多くの人がいますので、道なりに沿って歩いてみましょう。
出店が出たり、お店もあるところなのですごく盛り上がっていますよ。

川を挟んで上流、下流とどちらにも進むことができますので、往復で目黒川沿いを楽しむことができます。

目黒川は都会のど真ん中ということもあってアクセスは本当に抜群です。

最寄りの中目黒駅以外にも

  • 目黒駅 徒歩5分
  • 池尻大橋駅 徒歩2分
  • 東急不動前駅 徒歩5分

といずれも5分以内で行くことができます。

大崎駅周辺

中目黒から池尻大橋近辺に比べると、混雑も少なく穴場とも言えるポイントは大崎駅の周辺です。

品川区大崎にある大崎駅ゲートシティーの出口を出たところは、本当に綺麗な桜並木になっています

橋の上で写真を撮っている人も毎年たくさん見かけます。

混雑状況、回避できる時間帯は?

目黒川へはあらゆる路線から行くことができ、しかも駅から近いというのは魅力的ですよね。

ですがこれだけアクセスがいいということは、混雑が非常に気になりますよね。

まず目黒川沿いはシートなどでの場所取りをすることはできません

シートを敷いて食べ物やお酒を持ち込んで、宴会をするといったお花見ではありません。
歩きながら桜並木を堪能するといったイメージですね。

歩くから流れはいいのかな?
と思いがちですが、相当な数の方が見に来るためかなりの混雑を覚悟しておいてください。

もともと桜がなくても中目黒は混み合う場所なので、それに加えて桜ということですので本当に混み合います。

おすすめはなるべく平日に行くことと、朝方の方が混雑しにくいです。

土日はかなりの混雑ですのでなるべく避けたほうがいいでしょう。
昼間やライトアップされる夜も混み合います。

朝早めに行くと、スムーズに歩きながら見られますのでおすすめですよ!

まだ4月上旬ですと寒い日もありますよね。
しっかりと寒さ対策をして出かけてくださいね。

スポンサーリンク

目黒川でお花見の見頃はいつ?

目黒川の桜並木

目黒川の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬あたりです。

開花状況はこちら(ウェザーニュース・さくらCh)
当日のお天気のチェックできます。

桜並木の見どころ

目黒川は川といっても、人工的に整備されており、
水量は川底のコンクリートを伝い流れているという感じなのですが
(雨が降れば違うんでしょうが)、
川自体は道からだいぶ低いところを流れています。

風が吹くたびに、川を覆うように咲いている桜の花びらがハラハラ舞い落ち、
まさに花筏(はないかだ)という形容がぴったりの風情で流れていき、それはそれは風流です。

中目黒がお花見スポットとして人気の理由は、何と言っても目黒川を覆い隠すほどの桜です。

川沿いに真っ直ぐ咲いている桜もあるのですが、それと同じ位に川に向かって枝が下がっている桜があります。

枝が下がる様子からしだれ桜と勘違いされがちですが、
目黒川の桜は大半がソメイヨシノです
桜の枝から花びらが落ちて行く様は見事です。

目黒川お花見の出店

嬉しいのが、出店がたくさん出ていること!

さすが中目黒という場所柄、おしゃれな出店が多く、
食べ物はポトフやシシカバブなどなど、目移りしてしまう美味しいものがいっぱいです!

みんな色々頬張りながら、ニコニコ楽しげに歩いているのが、いい感じ。

川沿いのお店も開いていて、
私は一昨年おしゃれな盆栽屋さんで可愛らしい桜の盆栽に一目惚れして買ってしまいました!(4500円!)

家でも桜が見られるなんで風流♪
と思ったんですが、残念ながら、
翌年枯らしてしまいました…(><)。

盆栽って素人には水やりが難しいです。
今年は見るだけに留めようと思います。

あ、お花のついた桜の枝を売る店(1本500円)もありました。

目黒川の桜がライトアップ!

目黒川の桜ライトアップ

夕方になると、川沿いに途切れることなくかけられている提灯に明かりが灯され、ますます情緒を増す風景が浮かび上がります。

桜がはっきり見える昼間も良いのですが、提灯のあかりと桜が水面に反射して、夜は本当に幻想的…。いつまでも橋の上に佇んでいたくなってしまいます。

この風景を昼も夜も両方楽しみたい!という人は、
川沿いのカフェに陣取るのが得策だと思いますが、
みんな長く居座るので、なかなか席が空かないのが困りもの。

通な人は、早い時間からずーっと飲み続けてこの桜を楽しむみたいですね。

中目黒桜まつり

中目黒桜まつり

中目黒は、毎年、桜祭りを4月の初めの週末にやっています。
桜の咲くタイミングに合わせて早くなる年もありますが、通常4月に入ってからになります。

近隣のお店が店頭販売をしているいるので、アトラスタワー前は、毎年すごい人で賑わっています。
近年はマルシェも出ていて、東北地方の特産物なども復興支援で売っていました。

目黒川の花見クルーズ

目黒川の桜の時期は、目黒川でお花見クルーズもやっています。
クルージングというと豪華な客船のようですが、ちょっとしたボートの舟下りです。

船頭さんが付いていて、あの目黒川をボートで下れるので、大人気ですぐに予約が埋まってしまい、一昨年は乗ることができませんでした。

普段は、客船ボートなどが全く通ることがない目黒川を船で両岸の桜を見ながら下れることは、この時期にしかないので、絶対にオススメです。

【東京のお花見】目黒川お花見クルーズ満開!桜吹雪!総集編 【船で目黒川へ行こう!】

乗り合い船なので、1人でも予約できます。

詳細は目黒川お花見クルーズを主催しているZEAL(ジール)のページでご確認ください。

目黒川の桜、夜のおすすめポイント

目黒川の桜は昼間だけではなく夜もすごくきれいです。
ライトアップされるので私はどちらかというと夜の方がおすすめだったりします…!

昼間も明るくて綺麗なのは間違いないですが、やっぱり夜にはちょっとした夜景のような雰囲気になります。
異世界というか昼間よりも魅力的でした。

帰りの電車もある程度調べておいたほうがいいと思います。
やはり電車で来ている人が多いので帰りの電車も混雑します。

だいたいみんな似たような時間帯に帰るので、
ちょっと時間を遅めにするとか、早めるとか
交通の工夫もしておいたらスムーズに動けると思います。

私の場合は終電ギリギリまで近くの飲食店に入ったりして時間を遅めにしていました。

目黒川スポットのいいところは、桜を見るだけじゃなくて近場に飲食店があることです。

早めに着いてしまったときとか、ゆっくりしたい時とかに少し歩けば飲食店とかゆっくりできるところが多いところも魅力的。

少し場所も離れたら、そこまで混雑していないお店もあるので、楽しく探索できました。

まとめ

お花見の季節、どこの桜を見に行こうか迷ってしまいますよね。
私のおすすめ、東京都にある「目黒川沿い」をご紹介してきました。

ドラマにも出てきたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

目黒川沿いの桜、お花見をするというよりは桜を見に行くといったイメージですが本当にきれいです。

川沿いの桜並木やライトアップされた桜がこんな都心で見られるなんて、本当に贅沢です。

オシャレなレストランやカフェがあり、
お花見の時期には外にテーブルを出して飲み物や食べ物を販売していますので、綺麗な桜を見ながら食事も楽しめるようになっています。

中目黒自体に行ったことがないという方も多いかと思いますが、アクセスも渋谷から東横線で約5分の所にありますので意外と簡単に行けます。

アクセスがいい分混雑は必至です。
私も何度か行きましたが混んでいなかったことはなく、とにかく人!人!といった感じでした。

ですがきちんと歩きながら見ることができますし、写真も撮れましたよ。
都心で桜が見たい方には本当におすすめです!

タイトルとURLをコピーしました