子供服のお下がりが欲しいとき、ママ友からのもらい方は?

子供服のお下がり

子供が生まれると、いろんなものが必要になりますね!

出産前からいろんなものを揃えて、生まれてからも足りないものを買い足して、あっという間に大きくなったのでまた買い足したり…

買い替えの頻度も多く、お金がかかるのが現状です。

そんなときよく周りに「これは〇〇のお下がりなの〜」と、あまりお金をかけずに必要なものを揃えている方がいますね。

もちろん兄弟、姉妹でお下がりというのはありますが、一人目だと全部新品を揃えている方も多いと思います。

私も最初はなんでもかんでも新しいのを買っていましたが、そうすると結構お金かかりますよね。

そんなとき、お下がりでもらった〜といっているママ友をうらやましく感じたりすることもありました。

そこで、私もお下がりのもらい方を考えて、実行してみました。

買うまでもないけど欲しいなというものがあったときに、お下がりをもらうときのコツについてお伝えします!

スポンサーリンク

子供服のお下がりが欲しい!

お下がりでもらって嬉しいものといえば、やはり子供服ですよね!

子供はどんどん大きくなって、あっという間にサイズアウトしてしまいます。

それに小さい時は子供も服のこだわりがないので、着られればいいから服が欲しい!と思いますよね。

ただ自分から「お下がりください!」というのも気が引けます。

そこで私が実際にお下がりをもらった方法をご紹介します。

子供服のお下がりをママ友にもらう方法


まずは、自分の子と同じ季節に生まれた赤ちゃんのママと話すことです。

もともとの知り合いでもいいですし、近所のお友達なんかがいいですね。

自分の子と同じ季節に生まれた赤ちゃんがいるママだと、去年着ていた服はもう着られないからあげるよ〜、と言ってくれることがあります!

それも、もう次の赤ちゃんを産む予定のない方だと、たくさんくれたりしますよ。

いきなりもらうのは難しいですが、世間話をしていたり、服がどんどん買わないといけなくて大変…といった話題をさりげなくしてみると、譲ってくれたりします。

私もこれで近所の方にお下がりをもらいましたし、逆に同じ性別の赤ちゃんのママ友にはお下がりをあげたりしました。

もう着る予定がない服は家にあっても邪魔なので、誰かに着てもらえるのはとても嬉しいですよね。

いきなり知り合った方にお下がりをもらうのは難しいですが、もともとの知り合いや近所の方なんかは洋服の話題をしてみて、その流れになるといいですね。

ただ、自分からお下がりください!とはなかなか言えませんので、話の流れでタイミングを見てみてくださいね。

お下がりはもらえなくても安く買える!

ただ必要なものをすべてお下がりでもらうことは難しいです。

そんなとき私が使っているので、フリマアプリです。

新品で買うほどでもないから安く買えないかな〜、と今まであらゆるものをフリマアプリで買いました。

意外とたくさん出品されていて、状態のいいものもたくさんあるので子育てには本当に使えますよ。

服もまとめて安く売っていたり、小物やおもちゃもたくさんあります。

お下がりがもらえなくても、こうしたアプリを使うことで捨てないでまた次の人に使ってもらう。そんな流れを作ることができるので、とてもおすすめです。

さいごに

お下がり、もらうととても嬉しいですよね。

ただもらいっぱなしではなく、きちんとお礼をすることを忘れないようにしましょうね。

菓子折りや、相手の子供がほしいものを聞いてプレゼントしてみてもいいかもしれません。

そして自分も使わなくなったものがあれば、お下がりとして誰かにあげたり、あげる人がいなければフリマアプリに出したりして、物を長く使えるようにできるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました