断捨離してよかったこと!素敵な暮らしのはじまりです!

断捨離って言葉から入るとめんどうなイメージがありますよね? 私もはじめる前はそうでした。

「ミニマリスト」という言葉を耳にしたことはないでしょうか? 自分に必要な最小限のものだけを持ち、持っているものを大切に使うという暮らし方です。

達観している方だとベットや布団すら持たずに寝袋を使用して寝ている人もいるそうです。

さすがにそこまではと思うのですが、「持っているものを大切に使う」という所に惹かれ、私もミニマリストになりたいと思って断捨離をはじめてみました。

結果は、断捨離してよかったことだらけ! どんな感じかお伝えしますね。

スポンサーリンク

断捨離するまでの我が家はゴミ屋敷

恥ずかしい話なのですが、1ヶ月前まで我が家はゴミ屋敷でした。

ゴミ屋敷というとちょっと大げさかもしれませんが、いらないものに溢れかえって機能していない部屋があったんです。

突然の来客に焦って、その辺に出しっぱなしにしていたものをとりあえずその部屋に押し込む。

捨てるか悩んだ物をとりあえずその部屋に押し込む。そんな感じで押し込み続けて数年。

それはもう足の踏み場もないほど物がぎゅうぎゅう詰めで近づきたくない部屋だったんです。

断捨離で処分することから気がつくこともある

私がまずはじめたことは、必要ないものを片手に持った袋の中にどんどんとつめこんでいきました。もちろん分別はしながらです。

袋がひとつまたひとつと増えていくと、なんだか嬉しいような気持ちになり、不思議と捨てることが楽しくなっていきました。

また処分している中に、ペンやハサミなどのよく使う日用品やさっと羽織れるカーディガンなどの洋服もありました。

焦ってしまい込んで、どこにいったか行方不明になった物たちです。

無くなる度に買い足して、また無くして。これってお金の無駄使いだったんだって、やっと気づくことができました。

断捨離後に必要なものだけ残ったら次は場所を決めよう

処分してすっきりした部屋に残ったものは本当に必要な物たちだけです。

次はそれらどこにしまうかです。また行方がわからなくなって買い足すようでは意味がありません。

きちんと場所を決めて、取り出したらまたそこに返すこと。また使う場所を考えて決めれば使うのも戻すのも簡単です。

断捨離してよかったことづくし

これまで断捨離について良い点を書いてきました。が、メリットはこれだけではありません。

物が少なくなると掃除も簡単です。床が見えていれば物を退かす手間もないのでフローリングワイパーでさーっと撫でるだけでOK。

近づきたくなかった部屋で気持ちよく過ごせるようになりました。

また新しく物を買う時に、本当に必要なのかと考えられるようになりました。

自分の持ち物を把握しているので、洋服を買う時などに持っている洋服と合うものかなど考えられるようになったので、お金の節約に繋がりました。

これだけメリットのある断捨離。あなたもやらないわけにはいかないですよね?

【関連記事】
断捨離してすっきりした!と思うこと・魅力まとめ

断捨離でリバウンドしないための選択!捨てるか迷うものは…

タイトルとURLをコピーしました