ワーママのストレス発散に役立つのは!疲れ果てた…そんな時に


ワーママに疲れ果てた。…そんな時もあります!

もし自分だけの時間ができたとしたら、何をしたいですか?

ヨガでもいいです。ジム通いでもいいです。エステでもマッサージでもいいです。

ワーママだってストレス発散が必要なのです!

でも時間がない、子どもが小さくて預けられないなど知らず知らずのうちに諦めてしまっていること。あると思います。

毎日頑張っている働くママのあなたへ、私は言いたい。諦めてはいけません。

スポンサーリンク

ワーママのストレス発散を叶える方法は?

私には両親がおらず子どもを見ていてほしくても預かってくれる人がいません。夫もいません。

それでも社会人で働く友達と夜遊んだりなんならライブまでなんて行ったりしています。なぜそれができるか。

今は素晴らしいベビーシッターさんとのマッチングアプリが存在しているんです。

ベビーシッターのマッチングアプリ

キッズラインというものをご存知ですか? ご存知でない方のためにも紹介しておきます。

預かってほしい日時と家の場所、条件などを入力するだけで サイトの方から条件に見合ったベビーシッターさんをピックアップしてくれるんです。

バイリンガルで英語を教えてくれるシッターさんや看護師の資格を持っているシッターさんもいるんですよ。

お気に入りのシッターさんが見つかれば、その方に依頼をリクエストすることもできるんです。

家事の代行なども依頼をすることができます。

もちろん条件を提示して応募してくださる方と、条件が合えばそのまま契約成立することもできます。

ベビーシッターさんといえば割高なイメージもありますが、ベビーシッターさんのプロフィール欄にはそれぞれ時給が掲載されています。

近隣の場所で交通費もあまりかからず、かつ時給がそれほど高くないベビーシッターさんに巡り合うことも可能です。

普段は主婦をされていて子育て経験者豊富なベビーシッターさんも数多く登録されていますし、皆さまきちんと研修を受けられている方ばかりなので 今までお願いした方達はとても丁寧な対応の方ばかりでした。

育児に関する相談もできてしまいます。

CHECK!キッズライン

ワーママに疲れ果てた現状

子どもは可愛い。確かにそうです。部屋の中がオモチャやら溜め込んだ学校のプリントやらお菓子のカラ袋が散乱していようとも。

ぴーぴーガーガー超音波の様な声をあげて叫び暴れていようとも。宿題をしない、せっかく作ったご飯を野菜だけ残して食べ散らかそうとも。

うーん…いゃ、わかってはいるんです。

それでも1日働いて家に帰ってホッとしたいのに、家を破壊せんばかりの大きな音を立てて兄弟揃って暴れられた日には、母といえど人の子。理性がぶっとんで ブチ切れてしまう事もしばしば。

そうなると仕事の疲れのうえに更に疲れが乗っかってヘトヘトになってしまいますよね。

そんな日が続いてしまえば いつかきっと倒れてしまいます。 それではいけません。育ち盛りの子ども達を育てるには母の健康が第一です。

ワーママに疲れたときは息抜きが必要

たまの息抜きに子どもを預けてリフレッシュでお出かけしたい働くママ。自分1人が自由になる時間を思いきってとるだけでも気持ちに余裕が生まれますよ!

まずはやりたいことリストを作ってみてください

紹介したベビーシッターのサービスはほんの一例です。

今は頑張るワーキングマザーを応援してくれるサービスが市区町村などでも充実していますから、調べて自分の希望条件に見合ったサービスを上手に活用しながら息抜きをしましょう。

うしろめたさもあるかもしれません。

でも考えてみてください。子どもにとっての宝物はお母さんの笑顔なんですよ!

【関連記事】≫共働きでワンオペが限界!家事に子育て…どうやって乗り切る?

タイトルとURLをコピーしました