国営武蔵丘陵森林公園の桜スポットを紹介!行き方・駐車場は?

国営武蔵丘陵森林公園の桜の画像
国営武蔵丘陵森林公園の桜が楽しめるお花見スポットは、公園の南口を入って右に曲がって道なりに進めば着きます。

時期になると、案内板が各所に立てられると思いますのでご心配なく!

武蔵丘陵森林公園の桜お花見スポットは関東圏内でもあまり有名ではないと思います。

いわば知る人ぞ知る的な雰囲気もあり、休日でもそれほど混んでおらず、座る場所を探すなんてことは全くありません。

森林公園はとても広く、首都圏からも多くの人が訪れるのですが、小さな子供のいる家族連れは、遊具なども近くにある西口や中央口近辺で楽しむことが多いからではないでしょうか?

南口から入園した家族連れも、桜お花見スポットには立ち寄らず、まっすぐ南口のサイクリングセンターへ向かっています。

桜の木はまだそれほど大きくありませんが、ピクニックを兼ねてお花見をするのには最高の場所です。

スポンサーリンク

国営武蔵丘陵森林公園への行き方

武蔵丘陵森林公園を紹介します。

埼玉県の北部、比企郡滑川町という所にあります。熊谷市の近くです。ちなみに国営の公園となっています。

住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920

車だと関越自動車道の東松山ICから約10分くらい。

電車だと、高崎線の熊谷駅からか、東武東上線の森林公園駅からバスに乗り継ぎとなります。

バスは熊谷からは西口経由の南口まで、森林公園からは土日祝日のみの南口行きとなっています。

国営武蔵丘陵森林公園の駐車場は?

国営武蔵丘陵森林公園の入り口は北口、中央口、西口、南口とあり各入口に駐車場があります。

駐車場が充実しているので車が便利です。

普通車の駐車料金は、620円です。

国営武蔵丘陵森林公園の桜お花見スポットはココ!

桜のお花見スポットは南口の近くです。

南口以外に車を止めると少し歩かなくてはなりませんが、レンタサイクルが充実しているので、天気の良い日にはサイクリングも楽しめますし、ウォーキングで汗を流すのもよいかと思います。

サイクリングロードと人が歩く道は完全に分かれているのでとても安心です。またトイレや自動販売機も各所にあります。

西口、中央口、南口の間には園内バスも運行しています。園内バスといってもトロッコ列車風の乗り物といった方がしっくりくるかと思います。

国営武蔵丘陵森林公園の入園料は?園内はどんな感じ?

入園料は高校生以上450円です。

国営でお金? と思われるかもしれませんが、広大な森林公園はいつもきれいに整備されており、実際に行ってみれば納得の金額と思います。

森林公園自体はとても広く(東京ドーム34個分)一年中自然が楽しめます。

園内の現在のようすや、最新情報は公式ツイッターで確認できます。

レストランは2か所あり、思いのほかしっかりとした食事をとることができます。

値段もそれなりなので、お弁当を事前に準備されることをお勧めします。

国営武蔵丘陵森林公園のお花見は梅も!

最後に、お花見スポットということで桜について書きましたが、森林公園のお花見スポットは桜以外に梅もあります。

桜のお花見スポットのすぐ近くです。

例年ですと梅は1月の終わりあたりからちらほら咲はじめ、2月半ばころに盛りを迎えます。

そのあと3月の終わりから4月の初めにかけて桜の時期を迎えるのです。

一度、森林公園でお花見いかがでしょうか!

【関連記事】≫熊谷桜堤の開花はいつ?アクセスは?お花見・桜まつり情報

タイトルとURLをコピーしました