京都府立植物園の桜!京都で花見の穴場を紹介!ライトアップも

京都府立植物園の桜の画像

京都といえば桜の名所が多いことで有名ですよね。桜の季節には毎年、たくさんの観光客が訪れます。

でも、混雑した環境では、本当に桜を楽しむのは難しいのではないでしょうか。

今回は、京都で満開の桜を独占できる穴場をご紹介したいと思います。

歴史の深い下鴨神社のそばにある、京都府立植物園。

この植物園そのものも歴史が深く、広々とした温室や、日本最古の植物園の桜があったりもして、明るい時間に訪れるとゆったりとした時間を過ごせると思います。

期間限定で夜桜ライトアップも!

京都府立植物園の桜の昼と夜の楽しみ方をご案内します。

スポンサーリンク

京都府立植物園の桜の見どころ

京都府立植物園の門をくぐった瞬間に、美しいソメイヨシノの姿に圧倒されることでしょう。

なんといっても昼間の桜は穏やかで、花びらそのものの「サクラ色」を愛でることができると思います。

植物園の良さは、広い敷地を埋め尽くすほどのたくさんの桜があることです。

桜の下には柔らかな芝生が広がっており、人があまり多くない場所を見つければお昼寝もできるはずです。

昼間の植物園は、まるで時が止まったかのように静かで、近くを通る蜂の羽音もよく聞こえます。

京都府立植物園 半木の道

そして、植物園の隣には「半木(なからぎ)の道」という桜の名所もあります。

京都 賀茂川の桜 半木の道

鴨川の桜を散策

植物園のまさに隣を流れている鴨川もまた、桜の名所として有名です。

近所に住む人たちがお散歩コースとして使ってらっしゃいます。

昼間の桜を楽しむなら、植物園と鴨川の桜両方を見てみたらいいと思います。

京都府立植物園周辺のパン屋さん ランチにおすすめ

京都府立植物園は「北山通り」沿いにあります。この「北山通」にはおいしいパン屋さんがたくさんあることで有名です。

京都で有名なベーカリー「進々堂」や、こじんまりとしながらも人気の高い「トコハベーカリー」、その他にもたくさんのパン屋さんがあります。

おすすめとしては平日のお昼に、好きなパン屋さんを何軒かハシゴして、おいしそうなパンを買い、それを携えて植物園でお花見をすることです。

京都府立植物園の桜のライトアップ

そしてなんと、植物園では、夜桜も楽しむことが出来ます。

普段は夕方5時に閉まってしまう植物園ですが、桜の季節には夜間のライトアップがあるのです。

桜ライトアップ 2019

3月25日(月)〜 4月7日(日)

日没 〜 21:00
(入園は20:00まで)

夜桜にはまた格別の趣があります。

京都府立植物園のインザグリーン 夜桜デートにおすすめ

大人の夜桜デートを楽しむなら、植物園に附属しているレストラン「インザグリーン」を利用されると良いでしょう。

フィッシュアンドチップスや、釜で焼いてくれるピザがお薦めです。

雰囲気のいいレストランで食事をしてから、夜桜を見に植物園へ。

植物園のライトアップは非常に控えめでちょうどよく、派手すぎない光の加減のおかげで桜の良さが損なわれていません。

綺麗な薄ピンクと、夜空のネイビーが素晴らしいコントラストです。

京都府立植物園へのアクセス

電車でのアクセスは、京都市営地下鉄烏丸線 北山駅3番出口すぐです。

京都府京都市左京区下鴨半木町

北山駅から徒歩3分の京都府立植物園で、ぜひ桜の季節を楽しんでみてください。

【関連記事】≫祇園白川の桜ライトアップ開催情報!京都の風情と桜の見所

タイトルとURLをコピーしました