入園祝いのお返しは必要?不要?マナーを知っておきたい!

入園祝い

春になると幼稚園や保育園に入園する子供が多く定番の行事となっています。

入園すると親戚やおじいちゃんおばあちゃんからお祝いをもらうことも増えてきて、そこで気になってくるのはお返しです。

入園祝いにお返しは必要なのでしょうか

入園祝いのお返しは、世間では不要とされているそうですが、せっかく頂いたのに何もしないのはちょっと気にしてしまうかもしれません。

そこで私が入園祝いをもらったときにお返しとして渡したものやマナーなどをまとめてみましたので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

入園祝いのお返しは必要なの?

世間の一般常識では、入園祝いのお返しは不要とされています。

ただ自分の子供が入園した特別な日にお祝いをもらうと、私の性格上、何かお返しした方が相手も喜んでくれるのではないか?

何もお返ししなければ、相手が不満に思うのでは?と気にしてしまいます。

ちなみにお祝い金の内情についてですが、親戚からは5000円、おじいちゃんおばあちゃんからは1万円ほど頂きました。

頂いた金額を見てお返しする商品の金額は3分の1と考えて、お菓子の詰め合わせや洗濯洗剤の詰め合わせを選んでお返しをしました

子供がいる親戚には、子供服やジュースの詰め合わせを送りました。

生活用品などがとても喜んでもらえましたので、お返しして良かったです。

入園祝いのお返しをするときのマナーとは?

我が家には初めての子供で入園祝いを返すことも初めてでしたので、無知のままギフトコーナーに行って店員さんにアドバイスをもらいながら選びました。

そこで知ったお返しのマナーをご紹介します。

入園祝いにお返しする時期は?

お返しをするのは、入園祝いを頂いて1ヶ月後が常識だそうです。

早くお返しをしても遅くお返しをしても常識がないと思われがちだそうで、1ヶ月後が目安だと知りました。

入園祝いのお返しののしは?

のしの水引は蝶結びを選びます。

幼稚園や保育園の入園は一度しかありませんが、これから小学校中学校高校と入学が続いていくものです。

入学祝いはこれからもいただく機会があると思うので、蝶結びが良いそうです。

入園祝いのお返しの表書きは誰の名前?

表書きについては、内祝いと記入して子供の名前で贈るそうです。

お祝い金を頂いたのは子供ですから、子供の名前でお返しするのが常識です。

さいごに

お返しは人それぞれ価値観も違うので、いらないよ!という方もいますが、物をもらって嫌な顔をする人間はいないと思います。

私の場合ですが、もし自分の子供が大人になり孫が産まれたとき、お返しがあれば嬉しい気持ちになると感じたので、親戚やおじいちゃんおばあちゃんにお祝いを頂いたときはお返しをしました。

気持ちの問題なので、お返しする商品も家計に痛くないよう自分たちで考えながら選ぶことも大切だと実感しました。

タイトルとURLをコピーしました