一心行の大桜の満開予想はいつ?見頃・ライトアップ・アクセス情報

一心行の大桜の画像

熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある一心行の大桜は熊本県では最も有名な花見の名所。
樹齢400年近くにもなる幹囲7mの大桜です。

大桜の周囲には菜の花の花畑が一面広がっています。
菜の花と桜の開花時期も重なっていて、満開の花々がとてもきれいです!

一心行の大桜の見頃時期をはじめ、桜まつり・お花見情報をご紹介していきます。

ライトアップは満開宣言から3日間の限定なので、開花情報は要チェックです!

スポンサーリンク

一心行の大桜の満開予想!開花状況・見頃

3月下旬から4月上旬が最も見ごろになっており、
他の花見の時期と大きな違いはありません。

一心行の大桜、2020年の満開予想は…

過去の満開宣言日
  • 2019年 4月4日
  • 2018年 4月1日
  • 2017年 4月13日
  • 2016年 4月3日
  • 2015年 4月3日
  • 2014年 4月2日

過去の満開宣言を見ると、3月29日から4月10日あたり
2017年の4月13日がこれまで最も遅い開花宣言日だそうです。

今年の開花状況は、期間中に開設されるテレフォンサービスで確認できます。

桜情報テレフォンサービス
0967-67-1112
(3月上旬〜4月中旬)

一心行の大桜のライトアップは?

満開宣言から3日間は夜間のライトアップが行われて、
夜桜鑑賞も可能となっています。

南阿蘇桜さくら植木まつり

一心行の大桜の開花期間、3月下旬から4月上旬に「南阿蘇桜さくら植木まつり」が開催されます。

2020年の詳細は情報の確認ができ次第、おしらせします。

2019年 南阿蘇桜さくら植木まつり

開催期間
3月23日(土)〜 4月7日(日)

※開花状況によって変更あり

入場料は無料です。

屋台・出店は?

上記、南阿蘇桜さくら植木まつり期間中は屋台の出店もあります!

地元の特産物や植木、グルメなどがあり
大桜を見下ろす芝の手入れされたエリアで、シートを敷いてゆっくり過ごされている方も多くおられました。

敷地が広いので遠慮なく時間が過ごせるのではないでしょうか。

一心行の大桜へのアクセス方法

熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3226-1

電車で行く場合

南阿蘇鉄道 中松駅より徒歩約15分

・車で行く場合

熊本市内から国道57号線で阿蘇方面に向かい1時間程度となっています。

熊本地震の影響で阿蘇大橋は現在不通になっており、長陽大橋を使用します。

一心行の大桜の駐車場 混雑状況・料金は?

駐車場は正規の駐車場、臨時の駐車場と十分な容量がありましたが、
駐車場まで一本道のため途中で渋滞が発生し予定より30分ほど到着が遅れてしまいました。

週末と重なるとそれ以上の混雑が予想されますので、十分な時間の余裕をもって行かれることをおすすめします。

さくら植木まつり期間中は駐車場が有料になります。
料金は、普通車500円(予定)。

見どころ・感想

一面に広がる菜の花の黄色と大桜の淡い薄紅色がとても印象的です。

遊歩道が整備されており木の周りを一周歩くことができ、老若男女、小さな子供や足の不自由な方でも安全に楽しむことができるようになっていました。

なお、遊歩道の桜の木側は柵が施されており木に直接触ることはできません。

私はカメラで写真を撮影しながらの鑑賞でしたが、遊歩道から撮影すると大きすぎて全体が入りきらず困りました。

花見に行ったその日は暖かな陽気で風も強くなく、歩いていてとても心地良い日和でした。

内心、花見をするために遠出するほどのものなのかなと思いながらも、実際に見てみると一本しかない桜があまりにも大きく、その存在感に圧倒されてしまいました。

多くの桜の木をゆっくり散歩しながら鑑賞する花見も良いものですが、他にはない楽しみ方が一心行の大桜にはあるのではないでしょうか。

周りには阿蘇の山々がそびえ立ち、晴れていると青空が広がりその情景はここでしか見ることのできない特別なものであると感じました。

私は妻と二人で出掛けましたが、二人とも穏やかな気持ちで花見の時間を大いに満喫することができました。

タイトルとURLをコピーしました